日本初マレーシア映画祭「CineMalaysia」開催!

2013年5月24日~31日まで東京で開催された、日本で初めての開催となった「CineMalaysia 2013」。日本ではまだまだ観る機会の少ないマレーシア映画を観ることができる、中身の濃い1週間でした。



私もPRなどのお手伝いをさせていただき、開催期間中は会場である「オーディトリウム渋谷」に毎日通いました。期間中は、マレーシアやマレーシア映画・アジアのアートなどに所縁のある方が多く来てくださり、素敵な出会いや嬉しい再会に毎日心が躍る時間となりました。毎回とまではいかなくても、満席となる作品も!



私はずっと昔から故ヤスミン監督の作品が好きで、マレーシア映画に入るきっかけはヤスミン監督だったと言ってもいいくらい。そして、そのヤスミン監督の作品に多く出演しているのが、マレーシアを代表する女優であるシャリファ・アマニちゃん。そのキュートな容姿で、かわいらしい役はもちろん、目力を発揮した個性的な役もできたりと、とにかくいろんな顔を持つ女優さん。シネ・マレーシアでは、そのアマニちゃんが主演する映画も公開されることとなっていたのですが、なんとその公開に合わせてアマニちゃんが来日!そして、劇場にてお話をすることができたのです。

静かな映画館のホールに、ふわーっと現れたバジュ クルン姿(マレーシアの民族衣装)のアマニちゃん。私はあまりに突然のことに、ぼーっとしてしまい、「あ、アマニちゃん。。。」といった感じのほわーんとした気持ちになり、5分10分経った頃やっと我に返って「アマニちゃん、写真を撮らせてもらえませんか。」と声をかけました。アマニちゃんはとっても気さくな方で、バジュ クルンを着ていた私を見て、「もちろん!一緒に撮りましょう!バジュ クルンどうしで!」と答えてくれた後、「あなたはマレーシア人?バジュ、とても可愛いわ~。」と、にこにこしながら話しかけてくれました。



アマニちゃんはいつ誰と居ても表情がくるくると変わって、本当に魅力的な女性でしたよ。ミーティング中のアマニちゃん。マレーシア人歌手のピート・テオさんとおちゃらけてみたり。カメラを向けるといつもこんな感じで、私達を笑わせてくれるのでした。



アマニちゃんと写真を撮ったりおしゃべりしたり。他にもマレーシア人の監督さんを招いていましたので、たくさんのマレーシア人の方とお話をすることができました。みんなとてもフレンドリーで、そしていつも明るい。マレーシア人ぽくないマレーシア人(笑)、リム・カーワイ監督もご自身の作品が上映されるため、劇場に毎日来ていました。日本語がとっても上手で、目をつぶって話していたら絶対にマレーシア人と話してるとは思わないよ~。笑 気さくでおもしろいリム監督。ジョークも本当にうまいのでした!そして、またしても国旗が逆という失態。。。すみません、マレーシアの皆さま。


上映作品も、いくつか観させてもらいました(お手伝いした者の役得ね~)。どの作品も良かったけれど、やっぱり私は作品の中から「マレーシアらしい風景」「マレーシア人らしい感情表現」が見て取れる作品に見入ってしまったかな。スクリーンを見つめながら、どんどんマレーシアに入りこんでいく。自分がその風景の中、空気の中に立っているかのような気持ちに何度なったことか!

貴重な時間を共有できた皆さまに心からお礼を述べたいです。ありがとうございました!