『金子光晴の旅 かへらないことが最善だよ。』

我が家にはマレーシアに関わる書籍がたくさんあり、日本人の友人からは「マレーシア図書館」と言われたり、マレーシア人からは「大学のマレーシア研究室みたい」とか言われたりするほど…。

 

最近はiPadやPCでたいがいの媒体の閲覧が可能なので昔ほど本を買うことが少なくなりましたが、やっぱりたまに「活字」に触れたくなります。ちゃんと本を読まないと、文章を書く力も衰える気がするし、久しぶりに買ってみようかな…と思って買ってみました。

 

金子光晴の旅 かへらないことが最善だよ。』金子光晴 著/横山良一 写真/平凡社

 

横山良一さんと言えば、金子光晴の旅の軌跡をめぐり素敵な写真を撮っている方。この本は何度も何度も読んでいます。その横山良一さんが、詩人である金子光晴が1928年から1932年までの5年間の世界放浪で渡り歩いたアジア、ヨーロッパ各地を写真とそして金子光晴が執筆した原文のままに紹介している一冊です。

 

金子光晴…。バックパッカーの元祖なんていう人もいますが、本当にこの時代にこれだけの旅をして…結構な変人ですよね(笑)。金子光晴を知った当初は、彼がマレーシアでもかなりマイナーな場所であると言えるJohor州(ジョホール州)の海辺の町Batu Pahat(バトゥ パハッ)を訪れていたことからかなり興味津々で彼の著書を読み漁ったのですが…。読めば読むうちに、「この人本当にダメな男だな…」と思うようになり。

 

放浪記として挙げられる、『どくろ杯』『ねむれ巴里』『西ひがし』。そして、マレーシア好きにはぜひ読んでいただきたい『マレー蘭印紀行』。

 

f:id:malaysia_cinta78:20210116150950j:plain

『マレー蘭印紀行』/金子光晴 著/中央公論新社

 

どの本も旅行記として読んでいると本当に面白いし、現代ではなく大正から昭和という時代にそれをやってのけた金子光晴って相当変わり者かつたくましい人だったのだろうな、とつくづく思うほど。

 

ただ、「旅行記」として読んでいる分には面白くはあるものの、この金子光晴という人物を著書を通して見てみると、本当にダメな男というに尽きるかと。そして、そのダメっぷりが妙に東南アジアのまとわりつく空気に馴染んでしまっているというか。

 

この人の作品、そしてその風景を映し出す横山良一さんの本にどうして私がそんなに惹かれるかと言うと、きっとこのダメな男を容易に受け容れて包み込んでいるとも思える、まとわりつく空気感が写真から感じ取れたり、文章から感じることができるからなのかも…と、ふと思ったのでした。

 

お金ないのに放浪して女に手を出してみたり、しかも男としてのプライドは捨てきれない感がある。どういう角度からひいき目に見てみてもダメじゃない要素を見つけるのが難しい、ダメ男です。お金がないなら放浪なんかやめて日本に帰ればいい、堅実に職に就いて稼ぎを貯めればいい。奥さんとのことも、彼女のこれからの人生の幸せのために男らしく奥さんを自由にしてあげればいい。と、理屈ではそう思うけれど、それができないのがきっと人間ですね。そういう弱さが見える感じも嫌いではないですけど。

 

金子光晴がその土地を気に入り長く滞在した、マレーシアの小さな町バトゥ パハッ。何度訪れてもこの町は特に何もなく、何もないどころかきっと若者は退屈すぎて都会に出て行ってしまうだろうな、と思うほど閑散とした町です。

 

 

金子光晴が旅した当時、日本人倶楽部があった建物。今は特にこれといった人が集まる場所ではなく、一階に小さなお店が営まれている程度です。

 

 

何もないこのバトゥ パハッで金子光晴は何をするでもなく過ごしますが、その「何もしない」日々のなかで自分が自分らしいままにいられるのはここだ、と思っている様子がうかがえます。世界のたくさんの地を訪れ、その中には刺激もたくさんあるパリや上海などの大都市もあったのに。どこに行っても居場所、身の置き場所の実感が得られない金子光晴。でも、そんな金子光晴をなんの屈託もなく受け容れたのはマレーシアの小さな町、というのが私は読んでいてとてもぐっとくる部分でした。

 

ただ、やっぱりどうひいき目に見てもダメ男である彼には全く惹かれないのですが(笑)、この金子光晴の世界感に惹かれた人が日本には少数派ながら存在していて、私も実はその一人で。金子光晴という糸をたどってマレーシアにたどり着く、という地図は面白いなあと思っています。そういう意味では金子光晴って偉大!とか思っちゃいますが、実際は奥さんは本当に大変だったでしょうね…。