二年半ぶりにダメ男金子光晴の聖地バトゥ パハッを訪れる

マレーシア好きなら一度は耳にしたことがあると思われる地名Batu Pahat(バトゥ パハッ)。Johor州(ジョホール州)の小さな町で、遠い昔詩人の金子光晴が長期滞在した町として知られています。

 

malaysiacinta.net

 

何度か訪れているこの町ですが、今回は二年半ぶりの再訪。ぶらぶらお散歩しつつ特に考えなしで歩いてきたけれど、やっぱり一番最初に来たのはここでした。金子光晴がこの町に滞在していた頃は健在だった、旧日本人倶楽部が入っていた建物です。

 

 

お天気も良かったので、青空の下で写真が撮れました。



 

町自体はそこまで小さいというわけではないのですが、そんなに活気があるというほどでもなく、旅で訪れて散策するにはちょうどいい感じの町なんですよね。おそらく暮らすには若者はすぐに飽きてしまうだろうなということは分かりますが…。

 

華系が多いので最初はなんとなくとっつきにくい人もいるのですが、ちょっと言葉を交わすとそこはマレーシア人。皆さんとても親切だし、容赦なく話しかけられます。

 

 

中途半端な時間に移動をしてきて町歩きを開始したので、夕方早い時間から「よおーし!夜ごはん行くぞ!」と張り切って川沿いの屋台が並ぶエリアに。

 

まずは醸豆腐/Yong Tau Foo(ヨントウフ)を食べ…。日本のおでんみたいな感じで、すり身の具が入っていて美味しいのです。具を選ぶのも楽しいのがヨントウフ!特にゴーヤが美味しかったです。

 

 

食べ足りないな…と思い、さらにお隣のお店で結構頻繁に頼む人がいた、このあんかけ麺をオーダー。

 

 

しかしながら、この時に私がオーダーを間違え…。中国語しか理解しないおばちゃんと、ジェスチャーでオーダーのやり取りをしたのですが、麺の後に野菜を指さしまして。てっきり私はこのあんかけ麺に野菜をトッピングできるのだと思い込み、青梗菜を指さしましたら…。なんとあんかけ麺とは別に、青梗菜のオイスターソース炒めが別皿で、しかも結構なボリューム!で出てきましてビビりました(笑)。

 

ヨントウフ食べた直後にこんなに食べるの??と自問自答しながら、うんうん唸りながら頑張って完食しました…。美味しかったけど苦しかった(笑)。

 

これだけマレーシアに通っているのでオーダーでありがちな失敗はあまりないのですが、久しぶりにやってしまった!な感じの出来事でした。でも美味しかったし、二皿も頼んだのに安かったからいいか。

 

バトゥ パハッの中心部は主に華系が多く暮らしていて、華系のお店が多いのです。マレー系のお店とはまた雰囲気の違うKopitiam(コピティアム)。こじんまりとした町だからどのお店も空いていて、とても居心地がいいのですよ。

 

 

小さな町なのでホテルの選択肢は少ないバトゥ パハッ。この町では老舗ホテルと言ってもいい、この「Garden Hotel」はバスターミナルからすぐのところにあって、私も過去に一度泊まったことがあるのですが…、友達との間で「廃墟ホテル」と呼んでいます(笑)。

 

 

ホームページなどはいい感じの雰囲気になっていますが、老朽化は結構進んでいて…。部屋もムダに広くてなんとなく暗い感じで、居場所をつかみずらい感じで怖いんですよ。居場所が見つからず、せっかく広いのにベッドの上にいつもいるみたいな過ごし方をしてた記憶があります。

 

建物の裏側はかなり老朽化が進んでいて、その外観も含めて「廃墟ホテル」と呼ぶように(笑)。パッと見はきれいだしそこそこ見栄えは良いんですが、裏側や内部を知ると「・・・」という感じになるホテルです…。

 

【2021年1月追記】

現在はどうやら休業か廃業をしてしまったのか、ホテル予約サイトでも情報が上がってこなくなっています。


最近は快適なホテルも少しずつ増えていまして。この時の旅では「B&S Boutique Hotel」に滞在しました。バスターミナルからは徒歩5分くらいで、受付の女の子がとても親切!まだ新しいということもあって当たりでした。次回もまた、ここに泊まろうかな。