オレンジのお皿が魅了する!JBで人気のマレー系お粥店「BUBUR NASI ISTIMEWA No.1」

マレー半島南部のJohor州(ジョホール州)。その最南端には、あと少し行けばシンガポールという町Johor Bahru(ジョホール バル)、通称JBがあります。

 

そのJBのバスターミナルがあるLarkin(ラーキン)にほど近いTaman Sentosa(タマン セントーサ)という町で、マレー系のお粥Bubur Nasi(ナシ ブブ)がいただけるお店「BUBUR NASI ISTIMEWA No.1」に行ってきました。

 

f:id:malaysia_cinta78:20210116124626j:plain

 

 

このオレンジの小皿が圧巻のお店!お粥の薬味的な塩卵やサンバルが盛られています。そうか、マレー系のお粥だからやはり味の決め手はサンバルや塩卵なのですね!お店のお母さんがどんどんどんどん、小皿に盛りつけて重ねていました。

 

 

真っ白いお粥とサンバルで炒めた空芯菜がサーブされるので、空芯菜と小皿に入っている薬味をお好みで入れていただきます。

 

 

空芯菜のサンバルと塩卵のしょっぱさ、そしてピーナッツの食感が真っさらなお粥にとても合います。これは日本でも作ってみたいお粥だなと思いながらいただきました。


食べ終わって帰る頃にはお母さんの仕事はさらに進み、小皿が積み上がっていました!

 

 

このお店は屋台営業で、夕方から通り沿いにマレー系のお店が並び始める一角にあります。

 

 

通りにはずらーっと屋台が並び、テーブルもちゃんとセッティングされてみんなご飯を食べに来るのですが、車が通る大きな通りを挟んでこちら側のショップロットの前にはマレー系のお店が並びます。そして、道路を挟んで向こう側は華人のお店が並ぶのです。

 

決して「多民族で共存」はしていません。ちゃんと線を引いて暮らしています。マレーシアを「多民族国家だから良い、好き」という人は多いことは事実ですし、実際そういう面もある部分はあります。が…、私はマレーシアは本当の意味での多民族国家だとは思っていません。良くも悪くも、線を引いてお互いあるところからは相容れず暮らしているのですよね。

 

もちろん、マレーシアの人達がその暮らし方に落ち着くようになったのには色々な事情や感情があります。これはいくら言葉で説明しても、ここで暮らしたりマレーシア人と多く接してみないと理解することができない肌感覚のようなものだと常々思っています。私も、たくさんの、そして様々な民族のマレーシア人と話をするようになって理解できた部分がたくさんありますし、私がその立場だったとしても、同じような暮らし、考え方を選択するかもしれないな、とは感じています。

 

とは言え、やはりほぼ単一民族で生活が成り立っていた日本のような国で生まれ育ってきた私のような立場ではやはりまだまだ理解できないことも多く。マレーシアと今後も付き合っていく中で様々な考え方と接していって理解を深めていくのかなと感じています。

 

…と、お粥の美味しいお店から最後はマレーシアの多民族についての考察となりました。