Saya Cinta Malaysia

マレーシアの文化や今昔のマレーシア旅。マレー系夫との国際結婚あれこれ。

MENU

 本サイトはプロモーションが含まれています

お土産にも日常使いにも!マレーシアの万能クリーム「KRIM GAMAT(ナマコクリーム)」

 本ページはプロモーションが含まれています

皆様、こんにちは。

 

皆さんはマレーシアのお土産として人気のナマコクリームをご存知でしょうか。今日はまだあまり知られていない万能クリームとも言える、ナマコクリームについてご紹介をします。

 

 

当ブログの運営者は専門家ではなく、この記事ではあくまでもオススメをご紹介しています。効果や感じ方などには個人差があります。使用によって症状が改善しない場合、また異変を感じる場合には直ちに専門機関を受診してください。

 

【一度使ったら手放せない!マレーシアの万能クリーム】

 

ナマコクリームと聞いても、ナマコ?と思う方も多いのではないでしょうか。そう、あの見た目がちょっとアレな(笑)海の生物ナマコちゃんから作られたクリームです。

 
これが、そのナマコクリーム。全くイケてないパッケージですが(笑)、その見た目とは裏腹に、一度使ったら手放せない素晴らしい万能クリームなのです!

 

 

【海に囲まれたランカウイで作られるナマコクリーム】
 
マレーシアのリゾート地として有名な、Kedah州(ケダ州)のLangkawi島(ランカウイ島)では、古くからナマコを漢方のように愛用したり食事として摂取したりと、馴染みのあるものでした。
 
ナマコは細胞再生能力が高い生き物だそうで、特にナマコから抽出されたエキスで作られたオイルやクリームは肌荒れや虫刺され、マッサージの際にも効果があるとのことで、島の人達は日常使いをしています。
 

 
ランカウイ島民に限らず、マレーシアやインドネシアの人達はマレー語でナマコの意味であるGAMAT(ガマッ)のオイルやクリームを愛用しています。マレー系マレーシア人は「ナマコは肌荒れにいい」とか、虫に刺されると「ナマコが効く」とアドバイスしてくれます。
 
【万能クリーム「ナマコクリーム」の使い方】
 
私がこのナマコクリームを本格的に使い始めたのは、2014年頃からです。私はもともと肌が弱く、日々小さなトラブルが多い肌体質になっていました。
 
化粧品もシンプルな成分のものしか受け付けずクリニックには頻繁にお世話になっていましたが、このナマコクリームを日常的に使用するようになってからは肌トラブルも減り、病院へ行く回数もだいぶ減りました。
 
私は主に以下の用途で、ナマコクリームを使用しています。
 
  • 虫刺されに塗る。数時間経過してムズムズした際も使用。
  • 手や足の乾燥予防、保湿のために薄く擦り込む。ハンドクリーム替わり。
  • 洗顔後、化粧水の後に顔全体に薄く塗る。
  • 火傷をした際に塗る。ただし、水膨れの場合は使用しない。
  • 火傷跡や怪我跡など、跡を消したい場所に塗る。
 
どんな高い化粧品や塗り薬よりも、私にとってはこのナマコクリームが肌を適度に保湿できるスキンケア用品として肌に合いました。日本の冬の時期でも肌がかさつくこともなくなり、本当に助かっています。
 
ただしひとつだけ注意点として。傷などがかさぶたになる前のぐじゅぐじゅとした状態の時は使用を控えるのが良いようです。
 
ランカウイ島以外では買いづらいナマコクリーム】
 
このナマコクリーム、マレーシア国内で出回っている商品も実は何種類かあるのですが、最初に写真でご紹介したこのイケてないパッケージのものが一番いい、と私は実感しています。
 

 
ただ、一番いいと思っているこの商品がランカウイ島以外ではなかなか買えない、という点が悩みです。
 
KLのお土産処として有名な、Central Market(セントラル マーケット)。
 

 

 
ここには、日本人観光客の間ではかなり有名なナマコ石鹸を扱うお店が何店舗かあります。以前そのお店の一つで別会社のナマコクリームを購入したのですが、クリームの質感も香りも違うものでした。体質にもよるとは思いますが私の肌には合いませんでした。
 
マレーシア人は使うことが多いこのナマコクリームなのに、だからと言ってマレーシアならどこにでもあるかというとそんなこともない、というのが不思議です。
 
【どこで買える?ナマコクリームを買いたいなら】
 
では、ランカウイ島まで行けない人はどこで買えるのかということで、いくつかご紹介。
 
①Melaka州(ムラカ州)バスターミナル「Melaka Sentral(ムラカ セントラル)」
 

※2023年7月現在、このバスターミナル内の薬局では商品在庫がかなり少ないようです。入荷されるか否かはタイミング次第になりますので、予めご了承ください。

 

まず一つ目は、KLからは少し離れましてMelaka州(ムラカ州)のバスターミナル「Melaka Sentral(ムラカ セントラル)」です。
 
日本から観光でいらした場合も、そしてマレーシアで暮らしていてマラッカ観光に行く場合も、長・中距離バスで行くなら必ず降り立つバスターミナルです!
 

 
バスターミナル建物内にはローカル度満点でマレー系が多く訪れる、いわゆる「マレー系薬局」が数軒あり、その薬局全てにこのナマコクリームが置かれていました。
 

 
「マレー系薬局」かどうかってどうやって分かるの?と疑問な方もいるかと思いますが、見分けるポイントはお店の中にいるスタッフさんです。スタッフは大体イスラムの女性であることが多く、その彼女たちが髪を隠すスカーフであるヒジャブを巻いているかどうか、が一番分かりやすいポイントです。
 
KLでは探すのに苦労したこのナマコクリームがゴロゴロと積まれていたのを見た時には感動しました(笑)。というわけで、弟も肌が弱いのであげようかなとか、自分の分も、そしてお土産も…と大量にお買い上げしました!一個RM6程度ですし…。
 

 
②マレー系が多く暮らすマレータウンにあるローカル薬局
 
そして二つ目は非常にざっくりかつ、慣れてない方には難しいスポットですが、マレー系が多く暮らすエリアの薬局に行くことです。
 
私が長年このナマコクリームを使用していて分かったことですが、マレーシア人の間でも、マレー系はナマコクリームを多用する人が目立ちますが、一方で華系の方はあまり知らないということ。
 
そのため、華系マレーシア人が多く暮らしているエリアで華系ユーザーをターゲットとしている薬局でナマコクリームについて尋ねても、??という顔をされて商品すら知らない、という反応が返ってきます。
 
その点、マレー系の方であればナマコクリーム自体は知っているということがほとんど。そのため、マレー系が多く暮らすマレータウンにあるローカル薬局ではこのナマコクリームが棚にあることが多いです。
 

 
【成分表示や消費期限印字も安心】
 
外国の商品だと成分が気になりますが、この商品は成分記載もきちんとされていますので購入時にご自身で記載を確認しながら調べることも可能です。
 
また、シュリンクされた上から消費期限も印字されています。通常は製造年月日から消費期限が二年間で印字されています。この辺りも安心して使用できるポイントかと思います。
 
使用した経験から、開封後は冷蔵庫保管で早めに使い切ることがオススメです。
 
【ローカル店で買えるナマコ石鹸もオススメ!】
 
ここまではナマコクリームについてご紹介してきましたが、マレーシアではナマコ石鹸も親しまれています。
 
最も有名な商品は、良い香りがついて可愛いバティックで包まれたこちら。
 

 
日本人観光客には大人気のため、お店のスタッフさん達は行くたびに日本語が上達しています(笑)。
 
ローカル向けのお店でマレーシア人達が日常使いしている商品もあります。それがこちら。
 

こちらもナマコクリーム同様、オシャレ感とか若い女性に合わせてなどという配慮は一切感じられない地味な見た目ですが、こちらもしっとりとした使用感があって私は好きです。
 

 
「Mydin」や「KK mart」などといったローカル雑貨店に置かれていることが多いです。ローカル向けの商品ということもあって、一個RM3~4程度とお手軽な価格ですので、一度試してみるのもいいですね。
 
Mydinなどの店舗情報は、こちらの記事も参考にしてみてください。
 
 
【最後に】
 
ナマコクリームは薬ではありませんし肌との相性は人ぞれぞれかと思いますが、これまで私自身はこのナマコクリームでかぶれたり肌トラブルとなったことはありません。
 
また、顔への使用はちょっと不安があるという場合でも、ハンドクリームや保湿剤のような使い方としてもとてもオススメできるクリームです。
 
もしお土産としていただいたりマレーシアを旅した際に出会えたら、ぜひ一度使っていただけるとその良さを実感できるのではないかと思います。