ペラ州の小さな町スンカイの人達が集うお店で絶品Mee Rebus(ミー ルブス)

皆様、こんにちは。

 

今日は、Perak州(ペラ州)のかなり田舎で見つけた美味しい麺料理、Mee Rebus(ミー ルブス)をご紹介します!

 

 

【イポーまでの道すがらにある小さな町スンカイ】

 

KL(クアラ ルンプール)とIpoh(イポー)の間に位置するPerak州(ペラ州)の町Sungkai(スンカイ)。

 

 

小さな町なのですが、一応スンカイの繁華街とも呼べるとても小じんまりとしたお店が集まるエリアがあり、滞在した際にマレー系の友人が連れて行ってくれたお店でとても美味しいMee Rebus(ミー ルブス)に出会いました。

 

【お店を訪れた人みなが注文する美味しいミー ルブス】

 

先にご説明をすると、ミー ルブスとは主にマレー半島南部のJohor州(ジョホール州)でいただける麺料理。エビの出汁にすりおろしたさつまいもを加えたとろみのあるスープとハーブの味わいが特徴で、甘くて辛い、というこれまたマレーシアらしい味。そのスープと黄色い卵麺を絡ませながらいただく、日本ではまずお目にかかることのない味わいの麺料理なのです。

 

さて、夜ご飯を食べようと入ったのは、とても小さな食堂。

 

 

路肩にテントとともに佇む立地で本当に小さなお店なのですが、この辺りはお店も少ないからか、近所の皆さんが食べに来てるのかな?結構満席気味でした。

 

お店の人にメニューを聞くと、小さなお店だけあってミー ルブスなどほんの数種類とのこと。何が美味しいのかな?と周りを見渡すと、みんなミー ルブスを食べています。ここは決してミー ルブスが本場である南部エリアではないペラ州だけれど、お店を訪れている多くのお客さんが食べているのであればハズレはないように思い、それにしよう!と即決しました。

 

【ハーブの味がしっかり効いたインパクトあるミー ルブス!】

 

そして、これがほどなくして運ばれてきたミー ルブスです。

 

 

これまでジョホール州で食べてきたミー ルブスは、どちらかというとお芋のちょっととろっとした食感で味も甘みの方が強く感じられ、ライムを絞って酸味を足していました。

 

このお店のミー ルブスは、お芋のとろみの他にスープにしっかりとハーブの香りがついていて、甘さよりもハーブの味の主張が強かったです。添えられたもやしのシャキシャキとした食感や揚げ豆腐もバランスが良く、とても美味しかったです。

 

【小さいけどフレンドリーさ満点!厨房にお邪魔しました】

 

あまりに美味しかったので、裏側にある厨房スペースにお邪魔して写真を撮らせていただきました。皆さん明るくてとても親切。私が日本から来たと知ると色々話しかけてくれて、厨房に長居させてくれたりと、マレーシアらしい雰囲気を堪能。

 

 

このお鍋の中にはたっぷり、美味しそうなミー ルブスのスープが入っていました!作り方を教わりたいくらいでした。(でも私は料理が嫌いで絶対作らないのでもちろん遠慮しました。)


 

【最後に】

 

このお店、また食べに行きたいなと思って記憶を辿ってみるのですが、車でぐるぐると回って連れて行ってもらったお店でどう頑張ってもGoogleMapでも見つけられません。

 

まだ営業しているのかも定かではありませんば、もし見つけることができたら必ず再訪したいと思っているお店です。