ヤスミン監督映画『Muallaf』(ムアラフ 改心)に登場するイポー州立モスク「Masjid Sultan Idris Shah II」

2016年9月に父達との旅でIpoh(イポー)を訪れた際、宿泊したホテルの目の前にPerak州(ペラ州)の州立モスク「Masjid Sultan Idris Shah Ⅱ(Masjid Negeri Perak)」がありました。

 

f:id:malaysia_cinta78:20210103144648j:plain 

f:id:malaysia_cinta78:20210103144520j:plain

 

このモスクは、今は亡きマレーシアの映画監督Yasmin Ahmad(ヤスミン アフマド)が制作した映画『Muallaf』(ムアラフ 改心)に登場するモスクです。

 

出典『Muallaf』

 

私がこの映画を初めて観たのは2009年。当時はマレーシアは大好きでしたがイスラムについてはそこまで興味がなかったため、観ても正直あまりピンと来ない映画でしたが、マレーシアには様々な宗教の人が暮らしていて、日々の生活の中で彼らが自身の信仰を通して人生の岐路を決断をしたりしていくのだということは理解できていたような。

 

あれから7年が経過していますが、その間数回はDVDでこの映画を観てはいます。まさか自分がイスラムに改宗をしてイポーを訪れ、この舞台となっているモスクを見ることになるとは、当時の私は思いもよらず。人生って本当に何があるか分からないなと思いながらモスクを眺めました。

 

劇中、イスラム教徒である姉妹と交流があるクリスチャンの青年が、様々な気持ちが交錯する中で純粋に彼女たちの信仰心に心を奪われ、自分もその中に入っていきたい、混ざりたいというような場面があります。その象徴のように、モスクで姉妹が礼拝をする様子を青年がモスクの外からそーっとのぞき見し、でも中に入ることはできないという葛藤のような心境を表現しているシーンがあります。(異教徒は礼拝時間のモスク内には入れません。)

 

出典『Muallaf』


出典『Muallaf』

私はいつからかそのシーンがとても心に残るようになっていました。イスラムに強く興味を持ち始めてから、マレーシアと接する時に何か最後のところで越えられない気持ちがあるというか、そういう感情をうまく処理できずに抱えていました。自分でもそれが何なのかは分からなかったのですが、この映画のこのシーンを観ると必ず、なんとなく自分の抱いているその気持ちと重なる部分があり、観入っていたのです。

 

誰かと心を通わせる時にどうしても越えられない何かを感じたりすることは、誰しもあることではないかと思います。それは国や習慣による事象だったりすることもありますが、信仰というものはその確固たるものの一つなのではないかと私は思っています。

 

この映画に登場する青年は長くキリスト教という信仰を持って生きてきています。この姉妹達と同じく、信仰を持つことで強くいられる反面、どうしても信仰のところで越えられない何かがあると感じたのかなと。それを越えたいと思った時や越える時には、普通では考えられない気持ちや決断が必要になる時があること、それも信仰なのではないかなとこの作品を観ていて思ったのです。何度もこの映画のこのシーンを観続けてそこに行きついたのでした。

 

日本で色々考えながら観ていたあのモスクが目の前に建っていて、なんとも感無量な夜でした。

 

そんな思い入れのあるモスクが目の前。しかも!私の部屋は一番このモスクに近い角部屋でした。モスクビューです!お祈りの時間になると、超爆音(笑)でアザーンが聴こえてきます!

 

youtu.be

 

朝もアザーンに夜明け前に起こされましたが、改宗前の私は流れてくる音声のほとんどは何を言っているか分からず音楽を聴いているような感じでしたが、今はたまにクルアーンを音声で聴いているので何を言っているのかが何となく分かる部分もあることに感動しました!もちろん全部は分からないのですが。

 

残念ながら睡魔に負け、しかも「思い入れがある」とか言っているモスクが目の前にあるにも関わらずお祈りには行きませんでしたけど…。

 

ちなみに父と父友さん。朝集合した際に「モスクからの音うるさくて寝られなかったのでは?」と聞いたら、二人ともきょとんとして「え?なんか聞こえてきてた?」という反応でした。お疲れだったようで熟睡できて良かったです。