フレッシュな鶏肉料理を食べられる「Rani Chicken Farm」

国民の6割がイスラム教徒ということもあり、鶏肉の消費量がとても多い国マレーシア。外食、自炊を問わず鶏肉料理を楽しむため、必然的に美味しい鶏肉を求める人が多くなります。

 

そんなマレーシアで人気の鶏肉は、カンポン アヤム。カンポンは田舎を意味し、アヤムは鶏。つまり地鶏です。鶏肉を大量消費する国ゆえ、日本でも多く出回っているような大量飼育となるいわゆるブロイラー鶏の肉も市場に売られていますが、やはりカンポン アヤムの美味しさは格別です。

 

そんな美味しいカンポン アヤムをその場で捌いてお料理として提供してくれるお店がSelangor州(スランゴル州)にあると聞き、行ってきました。KLから車で1時間ほど走った、少し山間に入ったところにある「Rani Chicken Farm」です。

 


車で向かっているとどんどん自然豊かな道に入っていく…。この先に何かあるのかしら?と思うくらい細い道に入っていくと広い農園のような空間が広がり、そこにこのお店があります。




一応看板は出ているのですが、知らなかったらたどりつかないだろうという感じのお店です。敷地内には鶏さん、ネコちゃんやワンちゃんがそこかしこにいて、色々な植物もなっていました。


 

こちらでは、この敷地内で育った鶏をその場でしめてすぐに裏のキッチンで調理をするそうです。そのためとてもフレッシュな臭みのない鶏肉料理をいただくことができます。

 

特に美味しかったのが、このRendang(ルンダン)です。お肉が柔らかく、おそらく煮込む際のココナッツミルクも新鮮だからなのか…。今まで食べたルンダン中で一番と言ってもいいくらい美味しかったです。

 

f:id:malaysia_cinta78:20201127163738j:plain

 

メニューもありますが、何となくの希望を伝えると作ってくれます。白米と合わせて食べるスタイルにしていくつか作っていただき、野菜も一緒にナシ チャンプルスタイルでいただきました。




柔らかい鶏肉で作られた料理はどれもとても美味しかったのですが、それ以上にここでのご飯がおいしく感じられたのは、広い空の下、周りは山と緑に囲まれたオープンな席でマレーシアの風に吹かれながら食べたから、という要素もかなり大きい気がします。


食事の後、お店の方が声をかけてくださり裏手にある厨房にお邪魔できました。




厨房には珍しい野菜や調味料もあり、お互い言葉が分からないながらも皆さんとても明るく親切で、色々試食もさせてくれて楽しかったです。

 

f:id:malaysia_cinta78:20201127163407j:plain

 

その後このお店のオーナーさんも現れて、私が日本から来たと知ると厨房から敷地内から全てを案内をして丁寧に説明をしてくれました。鶏肉はもちろんのこと、この敷地内で色々な野菜も育てていて、メニューに使用する野菜はほとんどが自給自足だとのことでした。

 

美味しい鶏肉料理をいただくことも目的のひとつでしたが、それだけではなく敷地全体が自然にあふれていて本当に気持ちの良い場所でしたので、ぜひお子様連れなどで訪れても楽しいと思います。