マレーシア暮らしがいよいよスタート!

皆様、こんにちは。

 

2019年4月、ハムザと私のマレーシア暮らしがスタートしました。1年半勤めていた会社を3月で退職し、部屋を引き払うために時間を費やし…た感じでもなく、3月は台湾に行ったり、ハムザと関西に行ったりとわりと旅三昧であまり部屋にはいませんでした笑。4月に入ってようやくハムザと共に我が家に帰り、荷造りスタート。

 

普段からスッキリと暮らしているつもりではいたけれど、どうしても捨てられないものとか(主にマレーシア関連…)必需品とかはあり、二人でAirAsiaの荷物最大重量40Kg×二人=80Kgと、機内持ち込み7Kg×二人=14Kgで100Kg近くを運び、急がないもの&壊れないものは船便で30Kg×3箱を持ち出しました。自分で言うのもなんですが移住にしては少ない方だと思います。いつか帰ってくる駐在じゃないからね、(一応)永遠に帰らない移住だからね。

 

 

約5年暮らしたこの思い出深い部屋ともお別れ。私はわりとのんびりと生きてきたほうで、仕事の忙しさとか大変さとかはそれなりにあったけど、それでも病気ひとつせず40歳まではのほほんと生きてきていたなあと思います。

 

それが40歳を過ぎてからなぜか急にばたばたと色々あり、特にこの部屋に移り住んでからは、乳がんの手術を二回もして治療で苦しい時もあったり、大好きな人とお別れをしたり、イスラムに改宗してあれこれ悩んだり。そのあれこれを毎日うんうん唸りながら苦しんで悩んで、そして毎回立ち直って過ごしたのがこの部屋。可愛いネコちゃん、メラちゃんやクロちゃんが引っ切りなしに私の様子を見に来てくれて笑、毎日本当に楽しい時間をもらったなあ。

 

ハムザとの思い出もたくさんあって、この部屋で毎日、友達なのになぜか毎日LINEをしたり、友達なのになぜか結構な喧嘩をしたり…ハムザって気が付いたらこうして私の中にいたのよね笑。私にとってこんなに密度が濃くて思い出深い部屋はないなあと、今思い返しても涙が出てきてしまいます。空っぽになった部屋を見て、ひとりだったらきっと我慢できなくて泣いてしまっていたかも。でも、ハムザもいてくれたし弟も一緒にいてくれたので泣かずに部屋を後にすることができました。

 

新居はスランゴル州の郊外。ハムザが色々考えて、私でも暮らしやすい部屋を選んでくれました。窓からはこんな景色が毎日眺められて、朝も昼も鳥のさえずりがたくさん聴こえてきます!ニワトリさんのコケコッコーもたくさん聴こえてきます。

 

 

まだ部屋にはベッドとソファとタンスくらいしかなくて、不便なことを二人で毎回解消していく感じの暮らしですが、これから二人で暮らしを築いていくのがとても楽しみです。

 

新居の環境は程よく田舎な感じで、KLみたいな都会が苦手な私にはとっても良い環境です。

 

 

家の隣のMamakやランドリーには可愛いネコちゃんがいっぱいだし、駅から家までの10分の道のりも、昔からあるのだろうなあという集落が続いていて、私が大好きな「ドアのない店」がたくさんあります笑。

 

マレーシアは、こういうお店でご飯を食べるのが一番美味しいと思っているので、歩いているだけで楽しい!暮らしが落ち着いたら端から一軒ずつ制覇していく所存です!

 

昔から私が大好きなマレーシアは、こんな感じの風景だったりする。


 

この大好きな風景の中に毎日いられるのだと思うと本当に感無量だし、マレーシアに移住ができるよう、たくさん助けてくれたハムザに感謝の気持ちでいっぱいです。いつも本当にありがとう。そして、これからどうぞよろしくお願いします。