カラフルでワクワク感満載!バンギ「KEK LAPIS SARAWAK MAMA SU」のしっとりサラワクケーキ

皆様、こんにちは。

 

衣食住の至る所に鮮やかカラーが溢れている南国マレーシア。そんなマレーシアではお菓子も色彩り豊か。日本人の感覚ではちょっと想像がつかないようなカラフルで遊び心溢れたお菓子を目にすることもあります。

 

マレーシアのボルネオ島側に位置するSarawak州(サラワク州)の名物お菓子、Kek Lapis Sarawak(ケク ラピス サラワク)。ケク ラピス、もしくはサラワク ケーキと呼ばれることも多いです。

 

 

このケク ラピス サラワク、サラワク州では日常的に売られているものですが、マレー半島ではそこまで頻繁にお目にかかれるお菓子ではありません。

 

今回は、Selangor州(スランゴル州)にあるケク ラピス サラワクを買える素敵なお店のご紹介です。

 

 

バウムクーヘンの派手派手バージョン!なカラフルなお菓子】

 

まず、ケク ラピス サラワクはどんなお菓子?ということで簡単にご説明。

 

 

Lapis(ラピス)はマレー語で、層を意味します。つまり、層になったケーキ。様々なカラーに色付けをした生地を数㎜ずつ重ねながら焼いていき、最終的にはバウムクーヘンのような見た目に仕上げる、しっとりしたスポンジケーキです。

 

 

そのカラフルかつ美しい見た目から、お祝いの日やパーティーなどで振る舞われるお菓子としても人気があります。

 

食感はふわっとした感じで、見た目の派手さとは裏腹に結構軽い感じに食べられてしまいます。

 

【マレータウン・バンギに支店。サラワク州・クチンの人気店「KEK LAPIS MAMA SU」】

 

マレー半島ではなかなか日常的に売られているお店は少ない中、スランゴル州には本場となるサラワク州の町Kuching(クチン)の人気店がいくつか支店を出しています。

 

今回ご紹介するのは、その人気店のひとつである「KEK LAPIS MAMA SU」。その姉妹店がマレータウンBangi(バンギ)にあるのです。

 

 

サラワク州クチンの本店は本記事の最後に地図を掲載しています。 

 

【オシャレな店内に並ぶたくさんのカラフルなケク ラピス サラワク】

 

店内は、美術館?と思うような何ともオシャレな雰囲気。

 

 

ガラス張りのショーケースの中に、色彩りどりのケク ラピス サラワクがずらりと並んでいて、遠目から見ていてもワクワクします。

 

 

南国ならではの素材のものからケーキなどでよく登場するような素材のものまで、バリエーションはとても豊富です。

 


どのケク ラピス サラワクも本当にカラフルで可愛らしいです!あまりに可愛いので味もカラーも色々目移りしてしまい、毎回選ぶのに一苦労。

 

【気になる味はどんどん食べてみよう!全商品が試食OK】

 

試食も全種類揃っていますので、気になるものはスタッフの方に声をかければいただくことができます。ここに出ていなくても、気になるものがあれば新たにカットもしてくれます。

 

 

慣れていないと食べることに抵抗を感じるかもしれない派手派手カラーの商品もありますが、色付けは天然素材を使用。緑色はパンダンリーフ、濃い赤色はラズベリーといった具合に、全て食用の素材を使用しています。

 

実際に食べてみると分かりますが、カラフルなイメージからはかけ離れたほんのりとした優しい味わいで甘さもかなり控えめですので、ぜひ色々試食してみることをオススメします。

 

【発想が豊かなマレーシアならではの斬新カラーケーキにも出会える】

 

面白いと思ったのはこちらの商品、「Kek Lapis ATM」。

 

 

ATMケーキ?これ、あのお金を引き出す銀行のATMのことではありません。なんとマレーシア国軍のこと!マレー語で軍隊は「Angkatan Tentera Malaysia」、略してATMと呼ばれています。

 

2020年3月、マレーシアは新型ウイルスの影響で他国同様に厳しい活動制限が施行され、その際治安維持のために軍隊が全国で活躍することとなりました。ATMという単語がかなり表舞台に登場することが増えた一年だったと言ってもいいと思います。

 

そんな世相を受けての新商品なのかもしれないと思うと同時に、時流をあっという間に商売に結びつけてしまうマレーシアの人達の発想の豊かさと逞しさにも感心しながら、このアーミー柄のケク ラピス サラワクを写真に収めました。

 

ケク ラピス サラワクはとにかく味とカラーの組み合わせが豊富で、一体何種類くらいあるのかなと思ってしまうほどたくさんの商品を見ることができます。味の相性はもちろんですが、それに加えてカラーリングも考えて作るのですから相当高いクリエイティブ力がないとできない職人技だなと感心します。

 

私はいつもマレーシアの人達を見ていて、発想が柔軟で固定概念に捉われない行動をする人が多いなと感じています。そんな彼らだから生み出せる、この斬新カラーなお菓子なのかなとも思ったりします。

 

【冷凍保存&冷蔵保存でゆっくり美味しくいただこう!】

 

こちらのお店では常時20種類以上もの商品が売られているのですが、購入のたびにカラフルさや味で迷ってしまい、なかなか一つに絞りこめません。何種類か買いたいなと思っても、長さが20cm程度と結構大きなサイズですので日持ちが気になるところ。

 

冷蔵であれば5日間程度は保存ができます。実際はそれ以上も保存可能ですが、だんだんとふわっと感がなくなってしまうのでできれば早めにいただくことをオススメします。

 

冷凍保存は1カ月程度保ちますので、我が家はいつも購入後すぐに3~4cm程度に小分けにカットしてラップで包んで冷凍。少しずつ冷蔵庫に移し薄くカットをしながらいただいています。すぐに冷凍をするとモチっとした食感も薄れませんのでオススメです。

 

自宅に急にお客様が来た時なども、カラフルで見栄えも良いお菓子として年齢問わず皆さんとても喜ばれますので、常に三種類くらいの味は常備しています。

 

サラワク州の本店はこちら】

 

今回はスランゴル州バンギのお店をご紹介しましたが、本店となるサラワク州クチンのお店情報はこちらです。

 

 

観光客が必ず訪れると言っても良いサラワク川沿いにある Jalan Main Bazaar にあり、地元の人も多く訪れています。

 

 

 

【最後に】

 

味もカラーも組み合わせは100通り以上あると言ってもいいかもしれない、ケク ラピス サラワク。お店を訪れるたびに新しい味と色合いが登場していて追求に終わりはない気もしますが、今後も気に入った味を見つけたらぜひレポートしたいと思います。