イスラム教徒じゃなくてもオススメ!イポーのハラールDim Sam(飲茶)「Canning Dim Sum」

皆様、こんにちは。

 

マレー半島Perak州(ペラ州)の町Ipoh(イポー)。美味しい食べ物が豊富な町としても知られています。

 

華系が多く暮らすイポーではDim Sam(ディム サム)(飲茶・点心)がとても人気。今日はそのイポーでイスラム教徒もいただくことができるハラール ディム サムの人気店をご紹介します!

 

 

【豚肉を使用しないハラール点心が気軽に楽しめるマレーシア】

 

さて、まずDim Sam(ディム サム)とは。ディム サムは飲茶や点心のことを意味し、マレーシアでは一般的な呼び方として親しまれています。多言語が混ざり合うマレーシアでは皆が共通で認識できる呼称や文字が広く浸透していく傾向があるため、アルファベットで表現ができるディム サムという呼び名が定着したと思われます。

 

f:id:malaysia_cinta78:20210103163746j:plain

 

ディム サムは、もともとは華系の人達から生まれた食文化。華系が多く暮らす地域では朝から家族でお店に出向き、お茶をいただきながらほかほかに蒸されたたくさんの点心を頬張る光景がよく見られます。

 

f:id:malaysia_cinta78:20210103163857j:plain

 

そんな華系の食べ物であるディム サムですが、美味しいものは私達も食べてみたい精神からか、イスラムの人達も食べることができる、豚肉を使用しないハラールの点心が提供されるお店がマレーシアにはたくさんあり、多くのマレー系の人達が楽しむ食べ物として定着をしています。 

 

ハラールのディム サムだけどイスラム教徒以外にも人気の店!】

 

今回訪れたお店は、「Canning Dim Sum」。イポーのTaman Canning(タマン カニング)という比較的落ち着いたエリアにあります。

 

f:id:malaysia_cinta78:20210103164225j:plain

 

 

イポーには多くの華系マレーシア人が暮らしていますので、ハラールではない豚肉を使用した点心を提供する美味しいお店はたくさんあります。普通なら、豚肉入ってる方が美味しいよね、イスラムを信仰していないのなら何もわざわざハラールのお店に行かなくてもいいよねとなりますが、このお店は明らかにイスラムを信仰していないであろう華系や外国人も多く訪れる人気店なのです。

 

 【種類豊富な点心は40種類以上!カラフルな限定メニューも楽しい】

 

店内は常に満席で混雑していますが回転は速く、お店の方もテキパキと案内してくれますのであまり待ち時間はなく入店することができます。テーブルに着くとオーダーの係の方が来てくれます。まずはお茶をオーダー。

 

f:id:malaysia_cinta78:20210103164808j:plain

 

メニューを見ながら頼むか、時折蒸したてのほかほか点心をトレイに乗せてお店の方が周ってくれますので、もし食べたいものが運ばれてきたら好きに取ってもOKです。

 

点心の種類はとても豊富で常時40種類以上。それに加えて季節ごとの限定商品などもあるので、おそらく60種類くらいの点心が楽しめそうです。

 

f:id:malaysia_cinta78:20210103164635j:plain

 

今回、限定メニューの中にあった点心。

 

f:id:malaysia_cinta78:20210103164730j:plain

 

これは天然の植物Butterfly Pea(バタフライ ピー)、マレー語ではBunga Telang(ブンガ トゥラン)と呼ばれるお花の色素で色付けをした点心が入っているセットです。他の味はエビやカニの点心でぷりぷり。目にも楽しく、そして美味しいというダブルで楽しめる素敵な点心でした!

 

他にも、もち米を蒸した鶏肉入りの粽、糯米鶏(ローマイガイ)や生地がもちっとしてとても美味しいカラフルな包(パオ)、と色々いただきました。

 

f:id:malaysia_cinta78:20210103164832j:plain

f:id:malaysia_cinta78:20210103164851j:plain

 

特に、とろっとしたパンダンクリーム入りのこのグリーンのパオがとても美味しく、胃袋にスペースがあればお替わりしたいくらいでした。

 

f:id:malaysia_cinta78:20210103164926j:plain

 

【多民族の評価を得ている美味しい点心がいただける、貴重なお店】

 

ハラールのディム サムということで、店内はもちろんイスラムを信仰するマレー系のお客さんが多いのですが、華系やマレーシア在住と思われる外国籍の方などの姿もそこそこ見受けられました。

 

私も昔は豚肉を使った点心を食べていたので、点心によっては豚肉や豚の油が含まれる方が美味しく仕上がるということはもちろん知っています。ハラールということでこのお店では豚肉を使用した点心は作れないわけですが、だったらイスラム以外の方は華系のお店に行った方がより美味しい点心を食べることはできるはずです。

 

にも関わらず、イスラム以外のお客さんが常に一定数店内にいるということは、ここの味を評価して訪れているのだなと自分が実際に食べてみて感じましたし、これなら多国籍のお友達と訪れても楽しいなと思ったのでした。

 

【最後に】

 

イスラムのお友達とも一緒に行けて、さらにはイスラムじゃなくても楽しめる美味しいディム サムのお店。とても貴重なお店だと思いますので、イポーを旅した際はぜひ訪れてみてください。