MENU

【イベントレポート】民族衣装「バジュ クルン」で伝統菓子クエ&ティータイム

皆様、こんにちは。

 

先日、マレーシアの民族衣装Baju Kurung(バジュ クルン)体験イベントを開催しました。たくさんの方にご参加いただき楽しい時間を共にできたそのイベントについて、今回レポートをします。

 

 

※プライバシー保護のため、一部の参加者の写真には加工をしています。ご了承ください。

 

【今回のイベント開催主旨】

 

今回のイベントの半年ほど前となる2022年5月、私は夫ハムザと共にマレーシアのHari Raya(ハリ ラヤ)とHijab(ヒジャブ)体験を楽しんでいただくイベントを開催しました。

 

malaysiacinta.net

 

このイベントの際、イスラムの女性が髪を隠すスカーフ「ヒジャブ」を体験していただいた女性参加者さんの多くから、「マレーシアの民族衣装も興味がある、色々知りたい。」という希望を伺っていました。またイベントに限らず、様々な場で「バジュ クルンを着てみたいけど、どこで買えばいいのかよく分からない。」という声も聞くことが多く、時には真剣にご相談いただくこともあったりして。

 

 

私自身はマレーシアとの関係を築く中で次第にバジュ クルンに興味を抱いて購入するようになり、今では普段着からフォーマルな場まで幅広く着ています。でも、マレーシアと関わりを持ち始めたばかりの人や、普段マレー系マレーシア人と関わりが薄い人にとっては色々と分からなかったりハードルが高く感じることもあるのかもしれない、と気が付きました。

 

また、着てみたいと思っても右も左も分からない状態でいきなりバジュ クルンを購入することは難しいのも事実。そんな方達が気軽に試着ができたり分からないことを聞いたり、そして皆でシェアできる場があると購入へのハードルも下がるのかもしれないと思い、ならばその機会作ったらいいね!ということで、今回のイベント「民族衣装「バジュ クルン」で伝統菓子クエ&ティータイム」の開催に至りました。

 

【イベントの内容】

 

イベントでは、私がこれまで買い揃えてきたバジュ クルンを見て触っていただき、そして試着もできる時間にしました。中にはすでにバジュ クルンを買ったけどまだ着る機会がなくて…という方もいらっしゃったので、着てきてくれてももちろんOKに。

 

積極的に試着をして会の最中もずっとその姿で過ごしてくれても良いし、自身での試着はしないけれど他の参加者さんや私とお話したいというスタイルの人がいても良いし。楽しみ方は人ぞれぞれという自由なイベントにしました。

 

 

そして、せっかく皆さんで集まるので美味しいものも食べましょうということで、マレーシアのカラフルなお菓子「Kuih(クエ)」でティータイム、という二本立ての会にしました。

 

開催は平日と土曜日の昼間、各10名ずつ計20名の定員でお申込みスタートとしましたが、ありがたいことに土曜日の参加希望者が20名にまでなってしまったため、土曜日は急遽昼間と夕方の二回開催に変更して盛りだくさんに開催!両日合わせて計28名の方にご参加いただきました。

 

【会場はBukit Bintang(ブキッ ビンタン)「Cube House KL」】

 

今回の会場も、Bukit Bintangにあるゲストハウス「Cube House KL Bukit Bintang」さんにて。

 

twitter.com

 

 

前回はルーフトップでの半屋外会場でしたが、今回は同建物内に新設されたコワーキングスペースを利用。

 

ここの主であるネコちゃんは最近、可愛い子猫を四匹出産!

 

 

当日は皆さん、子猫達にメロメロになりながらの二時間でした。

 

【初めてのバジュ クルン体験!好きなものを身に付ける時間は楽しい】

 

会場にはこんな感じで私が普段着ているバジュ クルンを吊り下げて展示。自由に触れてもらえるようにしました。

 

 

私が自分の好みで買い集めたものなので、どうしても同じようなカラーの組み合わせや柄ばかりというラインナップになってしまいがち。クローゼットからなるべく色々なパターンのバジュ クルンを引っ張り出して持参しました。(これでも頑張って、バリエーション豊かにした結果です…笑)

 

「バジュ クルン」とひと言で言っても、素材や形、デザインや装飾も本当に色々。まずはその大まかな違いを説明。参加者さんからの質問に色々お答えしたりする時間も設けましたが、やはり実際着ていただくことが一番理解が深まりますね。

 

 

皆さん自分の好みに合う一着を手に取ると、用意した試着室へ。どなたも本当に素敵に可愛く着こなしてくれて、とても楽しそう!

 

 

中には何着か試してみたいと途中でお色直しをする方もいたり、それぞれの興味を抱くポイントで皆さん楽しまれていて、そんな様子を見ているこちらまで嬉しくなりました。

 

 

実際に手に取って試着してという過程を見ていて感じましたが、試着した皆さんそれぞれ自ら手に取って着てみたバジュ クルンがとても似合っていて、デザインやカラーも参加者さんの雰囲気やキャラクターにとてもマッチしていることにちょっと驚き。自分の好みのものって自ずとその人に似合ったり、雰囲気にしっくりくるのだと思いながら眺めていました。

 

バジュ クルンに限らず、ファッションは結局のところ自分が好きなものを身に纏うことで気持ちが落ち着いたり晴れやかになったりして、結果自分らしくいられるものなのかも。楽しそうに過ごされている皆さんとお話しながら改めて感じました。

 

【セットにするとより華やか!ヒジャブを体験した方も】

 

今回のイベントテーマはあくまでバジュ クルンでしたが、参加者さんの中にはヒジャブに興味を持ってくれた方もいらっしゃり、自身ですでにお持ちのMyヒジャブを持参してくれた方も!

 

バジュ クルンを試着した方がちょっと恥ずかしそうに、「これ持ってきたんですけど巻いてみたいです!」とヒジャブを差し出してくる様子が本当に可愛くて、こちらも思わず笑顔に。そして、私自身もたまたま替えのヒジャブセット一式を持ってきていたので、それも使って数名の方に体験していただきました。

 

 

今回体験してくれた方は皆さん、初めてヒジャブを巻くという方。中には私のこのブログ記事も読んで、しっかりヒジャブを巻く際に使用するインナーヒジャブを持ってきてくれた方もいて感動しました。

 

malaysiacinta.net

 

ヒジャブを巻かれた皆さん、とても可愛いです。すごく似合っていました。

 

 

バジュ クルンは単体でもカラフルで綺麗ですが、シルエットとしてはヒジャブを巻くことで完成形となる感もあり、より綺麗さが増しますよね。

 

 

実際にヒジャブを巻いてみての感想は、「ちょっと口を開けづらい」とか「想像していたよりも暑くない」など、人それぞれ。また、質問タイムには「寝る時はヒジャブを外すの?」とか「どういう関係の人まで髪を見せていいの?」など、きっと普段イスラムの人に対して聞きづらいと思われる内容の質問もしていただき、私も自分が理解している範囲で答えさせていただきました。

 

余談ですが、今回は夫ハムザがお手伝いではなく一回のみふらりとスペシャルゲスト扱いで立ち寄ってくれました。(前回のイベントは主催としてフルフルで料理したり働いてた笑)

 

スペシャルゲストなので、会場の一角にあるリビングスペースでネコちゃんと戯れて寛いでました。

 

 

たまたま同じ空間に居合わせた参加者さんの中には、この機会にマレーシア人に聞いてみたいことなど質問していたり、ハムザも私が対応が手一杯の時にいつの間にか席に座ってお菓子の説明をしてくれていたりと、活躍してくれました!

 

【心躍るカラフルなマレーシアのお菓子「クエ」でティータイム】

 

今回はカラフルなバジュ クルンにちなんで、スイーツもカラフルにこだわりました。

 

 

マレーシアの伝統スイーツである「Kuih(クエ)」は、「Madam Yong Delight」から各回それぞれ違う内容でデリバリーオーダー。毎回カラフルかつ盛りだくさん!もちっとした歯ごたえや和菓子のようなほんのりとした甘さを楽しんでいただきました。

 

 

そして、カラフルで外せないもう一つのマレーシアスイーツ「Kek Lapis Sarawak(ケク ラピス サラワク)」、通称サラワクケーキもご用意しました。

 

 

我が家でいつも買っているお気に入りのお店「KEK LAPIS MAMA SU」(Bangi店)のものです。こちらは初めて食べる!という方も多く、皆さん最初はぎょっとするそのカラフル度合いに驚きつつも(笑)、興味深そうに口に運ばれていました。

 

今回のお菓子について詳しく知りたい方は、下記リンクをご参照ください。

 

www.madamyongdelight.com

 

malaysiacinta.net

 

そして、ティータイムということで紅茶とコーヒー(土曜日のみ)をご用意。

 

紅茶は二種類用意しましたが、一つはインド系やマレー系のスーパーなどでよく売られている「Teh Wangi Rose」という少し珍しい紅茶を。ほんのりとバラの香りがする紅茶で、ホットでもアイスでも美味しく、私は好きでよく飲んでいます。

 

 

このTeh Wangi Roseの減りが早かったので、皆さん興味を持っていただけたのかなと。

 

土曜日のみの提供になってしまい平日ご参加の方には申し訳なかったのですが、コーヒーはドトールコーヒーさんにお願いをしました!

 

こちらからの細かい希望にも快くご対応いただき、そして味は文句なしに美味しくて。日本のコーヒー好きさんが好む味で参加者の皆さんにもとても好評!カップに並々と注いで楽しまれていた方もいて、オーダーして良かったです。

 

 

ドトールコーヒーさんには可愛い風船もご用意いただいて会場もとても可愛らしくなりました。何から何まで感謝です。本当にありがとうございました!

 

【皆さんと一緒にバジュ クルンを楽しむ時間を過ごして】

 

今回は皆さんにバジュ クルンを実際に体験いただき、そして疑問や思うことのあれこれを共有できる時間を過ごしました。

 

冒頭でも述べたように、私にとってはもはや普段着と言っても過言ではない当たり前の衣服であるバジュ クルンですが、立ち位置が変わるとこんなにも見方が変わる衣装なのだなあというのが一番の感想です。

 

これはやはり、ここマレーシアでこのバジュ クルンを着る女性の多くはイスラムを信仰していて、どうしてもその信仰の部分に皆さんが一歩踏み込むことを躊躇してしまう、ということはあるでしょう。

 

とは言え、カラフルでその華やかな見た目も手伝って皆さんの興味はとても深く、実際にバジュ クルンに袖を通していただいた後は素敵な笑顔になっていたことがとても印象的です。

 

 

皆さんで一緒に撮った写真はどの回もとても華やかでした!

 

 

【バジュ クルンを実際に購入!お買い物ツアーも開催しました】

 

このイベントの半月後となる2022年11月28日より、実際にバジュ クルンのお買い物を楽しむツアーを数回に渡って開催しました。その様子はこちらにてレポートしています。ぜひご覧ください!

 

malaysiacinta.net

 

twitter.com

 

【最後に。お世話になった皆様、ありがとうございます!】

 

イベント開催にあたり様々な形でご協力、お力添えいただいた皆様、そしてご参加いただいた皆様に改めてここでお礼を申し上げます。

 

今回ご参加いただいた方がイベントレポートをしてくださっているので、ご紹介します。

 

購入していたバジュ クルンとヒジャブを持参して会場で披露してくれた、ちーたろうさんのブログ詳細レポート。率直な疑問や感想と共に、とても詳しく熱のこもったレポートに感動です。

 

chitaro-malaysia.hatenablog.com

 

マレーシアの人気YouTuberありささんが、イベントレポートを素敵な動画にまとめてくれました。ありささんは前回のハリラヤ&ヒジャブイベントの際も動画にしてくださり、今回もイベント開催を心待ちにしてくれていました。楽しかったあの時間を共有できること間違いなしですので、ぜひご覧ください。

 

www.youtube.com

 

また、今回のイベント会場であるCube House KLさんがまとめツイートを作成してくれています。当日の様子や参加者さんの感想も綴られていますので、ぜひこちらも合わせてご覧ください。

 

twitter.com

 

今回、イベントサポートをいただいたMickeyさん撮影のお写真を多数ブログ内にて使わせていただいています。素敵な写真をありがとうございます。

 

https://www.instagram.com/mik_kl/

 

また、ご参加いただいた方からお借りした写真も掲載させていただきました。ご協力ありがとうございました。

 

最後になりましたがもう一度。ご参加いただいた皆様、そしてサポートいただいた皆様に心よりお礼申し上げます。またお会いできる日を楽しみにしています!