クアラ トレンガヌの「新品香茶餐室」でふわふわKaya Bun(カヤサンド)!

皆様、こんにちは。
 
東海岸Terengganu州(トレンガヌ州)の町、Kuala Terengganu(クアラ トレンガヌ)は住民のほとんどがマレー系というマレータウンですが、町の端っこに小じんまりとチャイナタウンがあります。普通に歩いたら10分もかからず通過する小さな通りではありますが、マレータウンの中でたくましく頑張っている華人さんのお店が軒を連ね、肉骨茶やビールを求める外国人も集まっていたりします。
 
そのチャイナタウンにある「新品香茶餐室」というコピティアムで、とても美味しいふわふわのKaya Bun、カヤサンドをいただきました。
 
 
友人と店の前を一度は通り過ぎたものの…。店内で良い感じにくつろぐ華人のおじさま達の様子や、活気がある感じが気になり引き返しました。もちろん華人のコピティアムなので豚肉メニューも満載ぽい店構えでしたが、せっかくなので入ってみることに。
 
店内に入るとすぐ、女将さんかなと思われるちゃきちゃきした年配の華人女性が声をかけてくれて、「大丈夫よ、ハラールのメニューもあるよ!」と。私が友人と日本語で話していることに気が付き「日本人なの?どこから来たの?」と聞いてくれて、そのうち周りでご飯を食べながらおしゃべりに興じていた華人のおじさま達も私に興味を抱き、「日本人か?マレー語できるのか?」と話しかけてくれたり。こういうマレーシアの雰囲気がたまらなく好きです。マレーシアを旅していて一番楽しい時間と言ってもいいかもしれません。
 
友人はまだ食べていなかったチャークイティオに。先ほどの女将さんが横についてくれていたので「チャークイティオは豚入ってるよね?」と聞くと、「入ってるよ~。避けて食べる?」と笑っていました!結局、お店の前に貼ってあって気になったKaya Bun(カヤサンド)を注文しました。
 
 
カヤトーストとの違いは、パンがフワフワで表面だけうっすらこんがりと炭火で焼いている点です。私はカリッとしたカヤトーストよりもこのふわっと感が残るタイプが好き。バターとカヤジャムが添えられてきますので、パンが熱いうちに間に塗って挟みます。写真を撮ったりともたもたしていたら女将さんが登場し、「ほれ!早く塗らないと!」と半分手伝ってもらいながら迅速に塗りました。
 
パンが熱々なのでバターを挟むとすぐに溶け始め、カヤジャムと混ざってしみしみになるのですが、頬張るとバターがじゅわっとあふれ出て、これが!とても美味しい!!そして何より、カヤジャムが美味しいです…!!フレッシュな出来立てカヤジャムのようで、卵の味が濃くてたまらん美味しさでした。パンもふわふわでバターがしみて、それはもう至福の味に。
 
 
パンは15cm以上四方くらいで結構大きく分厚いため結構なボリュームなのですが、あまりに美味しくてあっという間に完食してしまいました…。本当に美味しかった。これを食べに、またクアラ トレンガヌに行きたいくらいです。
 
食べている間も女将さんが話しかけてくれたりして、とても良くしてもらいました。華人さんのお店なので、ヒジャブを巻いた私は正直結構目立っていて笑、最初は好奇の目で見られていて。(マレーシアで華人のお店に入るといつもそうなので、もうこちらは慣れているのだけど) でも、女将さんが周りのお客さんに「日本人なんだって。マレー人と結婚してるのよ」とか「マレー語も分かるよ」と紹介してくれたおかげで、皆さんが私達に話しかけてくれたり笑顔を向けてくれたことも、とても嬉しかったです。
 
マレーシアを歩いていて一番好きな時間はこういう時間、と再確認のようにマレーシアへの溢れんばかりの愛情を感じてしまった「新品香茶餐室」でした。
 
ちなみにこの「新品香茶餐室」、営業時間は朝6:30から11:30。午前中で閉店してしまいますので、クアラ トレンガヌに滞在した際にはぜひ、朝ご飯を楽しみがてら訪れてみてください。