トレンガヌ州の海沿いで食べたい魚煮込み料理Nasi Dagang(ナシ ダガン)

皆様、こんにちは。

 

マレー半島東海岸に位置するKelantan州(クランタン州)、Terengganu州(トレンガヌ州)、そしてPahang州(パハン州)では、KL(クアラ ルンプール)を始めとした西海岸ではなかなか食べる機会の少ない、お米と共に食べる珍しい料理が色々とあります。

 

以前ご紹介した青いご飯もそのひとつ。

 

malaysiacinta.net

 

 

トレンガヌ州の新鮮な魚を使った郷土料理ナシ ダガン】

 

そして今日ご紹介するご飯は主にトレンガヌ州でいただける、お魚と一緒にいただくご飯Nasi Dagang(ナシ ダガン)です。

 

色々とご説明をする前に、まずはナシ ダガンの全貌をご紹介。これがそのナシ ダガンです。

 

f:id:malaysia_cinta78:20201202170850j:plain

 

ぱっと見は白米の上に魚のカレーをかけているといった感じですが、これがとても美味しいのです。主に朝ご飯からお昼あたりまで食べられるご飯ですので、トレンガヌ州を訪れたらぜひ一度は早起きをして食べていただきたいです。

 

【ナシ ダガンの名前の意味は?】

 

まずナシ ダガンの名前の説明ですが、Nasi(ナシ)はご飯、そしてDagang(ダガン)はマレー語で貿易を意味します。貿易?とあれこれ考えてしまいますが。

 

このナシ ダガン、もともとは海側に面したトレンガヌ州の漁師達が、写真のようにお米と魚をバナナの葉に包み、漁の際に朝ご飯のお弁当として持って行くようになったのが始まりだそうです。

 

f:id:malaysia_cinta78:20201202171107j:plain

 

持ち運んで船の上や漁場で手軽に食べることから、行き来とも解釈できる貿易を意味するマレー語がそのまま料理名についたのかな、などと想像しています。

 

【お米の炊き方と魚煮込みの味の決め手はココナッツミルク!】

 

さて、ではそのお味はというと。

 

まずお米ですが、ただの白米ではなくマレーシアの糯米と長米をミックスしたものにココナッツミルクやレモングラスなどのスパイスを調合して蒸したスチームライスです。そのため食感は少しもちっとした感じ、そして若干の塩気を感じる味わいです。

 

f:id:malaysia_cinta78:20201202171308j:plain

 

そして具となるお魚はこちらです。

 

f:id:malaysia_cinta78:20201202171339j:plain

 

カレーのようにも見えますがカレー粉は使っておらず、ココナッツミルクやウコンを使った、いわゆるマレーシアスタイルのココナッツ煮込みのような感じです。

 

ただ、そこまでココナッツミルクの味わいが強いことはなく、アクセントとなる味わいに仕上げます。日本の煮魚より少し塩気と汁気の多い感じと思ってもらえるといいかもしれません。

 

お米も魚も、ココナッツミルクを使用して味をつけることであっさりしすぎない味わいに仕上がっているように思います。

 

【お魚が美味しい海沿いの町ならではのシンプル贅沢ご飯】

 

お魚はマグロかサワラがメイン。トレンガヌ州は海に面した州のため、新鮮な魚が豊富に獲れることからこのような料理が定着したのではないかと思います。

 

ご飯の上に魚の煮込みを乗せ、そして時折口直しにいただくピクルスを添えていただくとてもシンプルなひと皿。

 

ちなみに、牛肉バージョンのナシ ダガンも売られていることがあり食べてみましたが、やはりお魚の方が美味しいというのが個人的な感想です。美味しいお魚を使うことで、そこまであれこれ調理に手を加えずとも美味しく手軽なご飯が出来上がってしまうという、本当にシンプルな郷土料理と言えるでしょう。

 

【クアラ トレンガヌでナシ ダガンを食べるならここ】

 

このナシ ダガン、トレンガヌ州を訪れれば朝からお昼あたりであればそこかしこで食べることができます。冒頭でご紹介したようなバナナの葉に包まれたスタイルでも売られているし、もちろんお店でいただくこともできます。

 

例えばクアラ トレンガヌの町の中心であればこちらのお店「RESTORAN YAH KEDAI BINJAI 2」でいただくことができます。(今回ご紹介している写真は、こちらのお店でいただいたものです。)

 

 

こじんまりとしたお店ですが、とても丁寧な美味しいナシ ダガンをいただくことができました。

 

また、KL周辺や近郊の町でもトレンガヌ州出身の方が営むお店などではわりと売られていることもあるので、注意深く観察してみると意外なお店で出会えたりするかもしれません。

 

【最後に】

 

今回ご紹介をしているナシ ダガンはトレンガヌ州のお隣クランタン州でもいただくことはできるのですが、驚くことにお米のカラーなどが違う全く雰囲気の変わるお料理となります。知らずに頼んだらオーダー間違えたかな?と思うくらい違うひと皿が出てきますので、ご注意ください。

 

そのクランタン州のナシ ダガンについては、また別の機会にじっくりとご紹介したいと思っています!