常夏の国の小さな町ムアーでいただくトロトロ絶品山羊スープ

皆様、こんにちは。

 

常夏の国マレーシア。暑さゆえ、さぞかしいつも冷たいものや辛いものばかり食べては身体の冷却ばかりしているのだろうと考える人も多いかと思いますが、実はマレーシアでも温かいスープは好んで食べられています。

 

 

【マレーシアの夜いただくトロトロ山羊スープ】

 

今回ご紹介するのは、その温かいスープの中でも少し珍しいSoup Kambing(スープ カンビン)です。マレー語でSup Kambing(スプ カンビン)とメニュー記載をしているお店もあります。

 

これがそのスープ カンビンです。Kambing(カンビン)は山羊、つまり山羊肉のスープ、マトンスープです。

 

f:id:malaysia_cinta78:20201206172354j:plain

 

Roti(ロティ)と呼んでいる食パンも一緒についてきますので、スープに浸しながら食べるのがマレーシアスタイルです。

 

f:id:malaysia_cinta78:20201206172522j:plain

 

マレーシアでなかなか見たことない、食べたことないなという方もいらっしゃるかもしれませんが、このスープ カンビン、マレーシアでは夜に食べる料理なのです。しかも夜ご飯というよりは夜食に近い感じの結構遅めの時間の食事です。

 

屋台などでも夜ひっそりと売られているためか、実は美味しいのに食べ損ねている方も多いのではないかと思います。

 

山羊肉は臭みがあるから苦手!と思っている方、日本人は多いと思うのですが、今日ご紹介するスープ カンビンは山羊肉が苦手な方もさらっと食べられる、クセがなくてとても美味しいものなので、ここで読むのを止めずにどうか最後まで読んでいただきたいです。

 

ジョホール州ムアーの屋台で売られる絶品スープ カンビン】

 

今回ご紹介する美味しいスープ カンビンのお店はJohor州(ジョホール州)の町Muar(ムアー)にあります。ムアーはマラッカからさらに南(ジョホール方面)へ車で50分ほど行った海沿いの町です。

 

f:id:malaysia_cinta78:20201206172804j:plain

 

この小さな町ムアーのバスターミナルからほど近いJalan Sisi(Sisi通り)沿いのスープ専門店「MUAR SOUP HOUSE®」の前に夕方から出現する屋台で、とても美味しいスープ カンビンがいただけます。

 

 

お店の外観はこちらです。

 

f:id:malaysia_cinta78:20201206172945j:plain

 

本当に屋台感溢れるお店なのですが、その質素な見た目を大いに裏切るとても美味しいスープ カンビンが出てきます。屋台の鍋にはゴロゴロと山羊のお肉が仕込まれ、隣のお鍋にはグツグツと煮込み終わった美味しそうなスープが並々と入っています。

 

f:id:malaysia_cinta78:20201206173005j:plain

f:id:malaysia_cinta78:20201206173018j:plain

 

【スパイスで煮込まれたトロミのある洗練された味】

 

屋台の女性に声をかけると、「Makan?bungkus?(ここで食べる?持ち帰る?)」と聞いてくれますので、ここで食べると答え近くの席でしばし待ちます。

 

出てきました!熱々のトロトロとした美味しそうなスープ カンビン!

 

f:id:malaysia_cinta78:20201206173152j:plain

 

スパイスを効かせて煮込んだスープはピリリとした黒胡椒の味がポイント。苦手な人なら気になる山羊肉の匂いもうまく消されているように思います。山羊肉のスープと聞くと野性味溢れる雰囲気を想像する方もいるかもしれませんが、実はとても洗練された味のスープなのです。

 

上にはコリアンダーも乗ってきますが、もし苦手な場合はオーダーの際にひと言添えると、かけずにサーブしてくれます。私が二度訪れた際、一度は聞いてくれましたが、二度目は特に聞かれませんでした。

 

f:id:malaysia_cinta78:20201206173225j:plain

 

山羊肉からにじみ出た脂で軽くトロミがついたこのスープ、スパイスが効いていて程よいアクセントのある味で塩味もちょうど良い加減。本当に美味しくて身体も温まります。

 

お肉は煮込んでいるうちに骨から落ちている場合が多いのでお肉自体をたくさん楽しむという感じではないですが、かろうじて骨についているお肉は柔らかいのでもちろん食べてOKです。マレーシア人達は骨をしゃぶってお肉を残らず食べていたりします。

 

【オーダーは必ず屋台の女性に伝えましょう!】

 

訪問の際にご注意いただきたいのですが、このお店、冒頭にて店名を記した、建物の内部に店を構えているスープ専門店「MUAR SOUP HOUSE®」というお店の前にあります。ここには他にも同じような緑色の看板を呈したスープ屋さんやRojak(ロジャッ)などを売る屋台も並んでいます。

 

路上にも席はありますが、同時にそのお店の中で着席しているお客さん達もこの屋台の料理を食べている様子を目にしたこともあるので、おそらく同店舗扱いなのかなと推測しますが、その営業スタイルは未だ私は理解しておらず…。

 

オーダーは屋台の女性に言うと作ってくれますし、この屋台のスープ カンビンが絶品ですので、訪問する際はどうぞお間違いのないようご注意ください。

 

【最後に】

 

日本ではあまり日常的にいただくものではない山羊肉ですが、一度食べるとハマる人も多いスープ カンビン。とても美味しいので、見つけたらぜひ試してみてください。