【後編】マレーシアで手軽に購入!インドのアーユルヴェーダスキンケア商品を楽しもう!

皆様、こんにちは。

 

今回も前回の記事に引き続き、マレーシアで購入が可能なインドのアーユルヴェーダのスキンケア商品についてご紹介をしていきます。

 

 

前編では、石鹸やシャンプー、そしてヘアオイルなどについてご紹介をしました。

 

※2021年2月24日追記 さらにオススメの石鹸情報を追加しています!

malaysiacinta.net

 

 【ゴージャスなバラの香りに包まれるSriSriのローズウォーター】

さて、今回最初にご紹介する商品はこちら。

 

『SriSri(シュリシュリ) ローズ ウォーター』

 

f:id:malaysia_cinta78:20210224192450j:plain

 

インドのアーユルヴェーダブランドは各社ローズ ウォーターを販売しているようなのですが、私がマレーシアのインドタウンで見つけた中で一番香りも良くて使いやすかったのが、この商品。一個20RM(約523円)程度です。

 

赤バラの成分でほんのりとピンク色になっているこの液体。決して容器がピンク色とか、ケミカルな何かで着色をしているわけではありません。バラの香りがとても豊かで、顔に吹きかけるととても癒されるとともに、ゴージャスな気分も味わえます(笑)。

 

顔に吹きかけた際の感触はさっぱりとしていて、マレーシアのような高温多湿な南国の気候でのスキンケア商品としてはとてもオススメです。一方で、日本の冬のような乾燥が激しい時期は保湿力の高い乳液などを併用すると良さそうです。

 

ちなみにマレーシアのマレー系やインド系のお店で一般的に売られているローズ ウォーターのほとんどのは赤バラの成分のみで作られていて、顔への使用はもちろんのこと、髪の毛や身体全体にも使用できます。保湿以外にもバラの香りを纏う、という使用もとてもおススメです。

 

今回ご紹介したこの商品は売っているところが少ないのが難点なのですが、私はこちらのお店で購入をしました。

 

 

必ず在庫があるかは不明ですが、きちんと商品管理がされた状態で販売されていますので安心して購入できます。

 

【ベタつかず程よい保湿が快適!Himalayaのエクストラ ナリッシング クリーム】

 

フェイススキンケアということでもう一つご紹介したい商品がこちら。前編記事でシャンプーの紹介の際に既出しているブランド「Himalaya」(ヒマラヤ)のエクストラ ナリッシング クリームのオリーブタイプです。

 

『Himalaya(ヒマラヤ) Extra Nourishing Cream Olive』(エクストラ ナリッシング クリーム オリーブ)

 

f:id:malaysia_cinta78:20210224192627j:plain

 

Watsonsのような薬局には必ず売られていて、一個18~22RM(約470~574円)程度です。

 

f:id:malaysia_cinta78:20210224192726j:plain

 

ノーマルタイプやビタミンE入りタイプも売られていますが、私のお気に入りはこのオリーブ入りです。クリームのキメも細かく、そして顔に伸ばした後あまりベタつかずさらっとした付け心地なのに保湿力があって、先ほどのローズ ウォーターと同じくマレーシアの気候にはとても適しているかと。日本であれば、夏に活躍しそうな感じです。ほのかにフラワーテイストですが、塗布後はほとんど香りは残りません。

 

顔以外にも保湿をしたい首回りを始め、身体に塗布ももちろんOKです。ベタつきがないため、塗った後も普通に家事などができるのも個人的には気に入っています。

 

このクリームを使い出してからは、肌が程よくしっとりするようになりました。マレーシアのような気候だと乳液などはかえって不快感を増すこともあり使わなくなっていたのですが、このクリームは乳液よりも付け心地が軽いこと、そしてそのわりに保湿が持続するため、継続して使用しています。

 

【歯を大切にしたいなら、アーユルヴェーダブランドの歯磨き粉がオススメ】

 

インドのアーユルヴェーダブランドはこれまでもご紹介した通り、健康面から見た場合にもとても良い商品がたくさんですが、中でも歯磨き粉はとてもオススメしたいです!

 

私は子供の頃から歯がとても弱く、歯医者にお世話になりっぱなしの人生で。定期的なケアやホワイトニングはもちろん行っていますが、やはり大事なのは日々の歯磨き。その歯磨きの際に使う歯磨き粉を厳選していくことで、歯のトラブルで悩むことも減ってきました。

 

そして今回登場するのも、やはり安定のブランド「Himalaya」(ヒマラヤ)。こちらの歯磨き粉、センシティブタイプが私のオススメ商品です。

 

『Himalaya(ヒマラヤ) Sensitive Toothpaste』(センシティブ トゥースぺイスト)

 

f:id:malaysia_cinta78:20210224192830j:plain

 

ヒマラヤの歯磨き粉は他にもいくつかタイプがありますが、ここ数年は主にこのセンシティブタイプを使用しています。一個8~10RM(約208~260円)程度で、他のタイプの商品は一個5RM(約130円)程度で買えることを考えると、なかなか高級な歯磨き粉ですね。

 

ただし、この歯磨き粉には微量ですが研磨剤の成分となるHydrated Silicaが含まれています。研磨剤が含まれている歯磨き粉はずっと使い続けると知覚過敏の原因にもなると歯医者で指導されたので本来なら使用は避けたいところなのですが、私は今こちらで頻繁なクリーニングやホワイトニングのために歯科に行くことがしづらい状況にあるため、あえてこのタイプを使っています。

 

このセンシティブタイプは他の歯磨き粉より刺激がかなり弱く、というか、刺激は全くなく、逆にスースーとした歯磨き後の爽快さを感じたい方には物足りないものかもしれません。でも、その刺激のなさからか一定期間使っても知覚過敏も起きておらず、そして程よく歯の白さもキープできているので(もちろん専門歯科で行う輝くようなホワイトニングには及びませんが)、バランスが良いと判断をして使用し続けています。

 

なお、同じタイプではありませんが、こちらのタイプでしたら日本での購入も可能なようです。

 

 

 
【一度使うとクセになる?強烈なタマネギ目薬で目をリフレッシュ!】

 

最後にご紹介するのは、使ってビックリ!でもなぜかクセになる不思議な目薬です。

 

『PATANJALI(パタンジャリ) Drishti Eye Drop』(ドリシュティ アイ ドロップ)

 

f:id:malaysia_cinta78:20210224192950j:plain

 

と言っても、ここでは商品の簡単な紹介のみとし、とても丁寧にレポート書かれているお友達コピさんによるこの目薬の紹介記事をご覧いただければと思います。

 

world-cosme.com

 

目薬、つまり点眼をするもののはずなのに、出てくるワードが「タマネギ」とか「焼肉のタレ」とか「痛い」とか、何やら怖すぎると思う方も多いかもしれませんが(笑)、逆に防腐剤などといった目に害のある成分は含まれていません。私はこの目薬を定期的に使用するようになってドライアイや疲れ目の症状が和らいでいますので、ぜひ勇気がある方は使ってみてください。

 

f:id:malaysia_cinta78:20210224193113j:plain

 

この目薬は毎日点眼をしても何ら問題はないのですが、そうは言っても点眼時にものすごい痛みやら激しい涙の量となることもあり、365日毎日使用することはなかなか難しいという声も聞きます。私の場合は、「最近目が結構疲れてる。」と感じ始めたら一カ月程毎日集中的に使用する、というのを三カ月おきくらいに繰り返して使用しています。定期的に目を浄化する目的で使用し、その期間が終わると普通の目薬に戻しています。

 

この目薬、マレーシアではまだインド系雑貨屋でも実店舗の店頭で売られているのは見たことがありません。ただ、マレーシアでは誰もが知っている通信販売のサイト「Lazada」では購入することができます。「PATANJALI EYE DROP」と検索をするとヒットしますので、ぜひチェックしてみてください。

 

f:id:malaysia_cinta78:20210224193353j:plain

 

【最後に】

 

前後編に渡ってあれこれご紹介しました、マレーシアで購入できるインドのアーユルヴェーダスキンケア商品。私自身は専門的に学んだりしているわけではなく、単に好みや勘で気に入ったものを使い続けているにすぎませんので、果たして皆様に気に入っていただけるのか心配なところもあるのですが、もしお使いになってみての感想や、さらに良い商品も見つけてしまった!などありましたら、ぜひコメントやSNS経由でも構いませんのでお声をいただけたら嬉しく思います。