ランカウイの自然に囲まれた素敵なレストラン「Rimba at Ambong Pool Villas」

皆様、こんにちは。

 

新婚旅行&誕生日プレゼントで訪れたLangkawi(ランカウイ)。滞在2日目は朝からアイランドホッピングに行ってきました。早起きをして午前中のみのツアーに参加。ハムザが申し込んだので、オールマレー人なツアーで新鮮でした笑。(遠い昔に参加した時は日本人ばかりのツアーだったのです。)

 

ハムザは少し泳いだけど、私はビーチで遊んでただけ。でもお腹は空きます…。13時くらいにランカウイ本島に戻ってきて、ランチはハムザが薦めてきたレストラン「Rimba at Ambong Pool Villas」に行ってみることに。

 

ambongpoolvillas.com

 

アイランドホッピングに向かうボートが出るところからほど近い場所にあり、朝来る途中にハムザは看板を見つけて目をつけていたようでした。(いつの間にそういうのちゃんとチェックしてるんだろう…いつも感心する。)

急こう配な坂道を登っていくと小さな駐車場があるのみで、ほとんど自然の熱帯雨林のままの中にリゾートやレストランの建物が現れるといった造りです。

 

 

アイランドホッピングに行くという予定の都合上、私は携帯しか持っていなくて…。こんな素敵なレストランに来られると分かっていたら、ちゃんとしたカメラ持ってきたのに!と後悔するほど、とても素敵な良いリゾートでした。いつか泊ってみたい。

 

レストランに入ってみると…。高台に位置するため開放的で素敵な空間が広がっていました。窓の向こうには木々が生い茂り、その先にはアンダマン海が広がっています。とても静かで、風が吹くと葉と葉が触れ合う音まで聴こえてくるくらい。

 

 

とても気持ちの良いオープンテラスもあります。最初は屋根のない完全オープンな席に座りましたが、どうもぽつぽつと小雨気味だったので、端っこの屋根があるテラス席にしました。空気がとても美味しくて、はあああ気持ちいいいい~~。

 



ローカルマレー料理をいただけるので、ここはやはりナシチャンプルをいただくことに。メニューを見ると結構なメニュー数で楽しみにしていたら、ものすごく綺麗で感動的なナシチャンプルッ!!!美味しそうすぎてどこから食べ始めたら良いか決められない…。

 

 

感動して日本語で「美味しそう~!」と言っていたら、サーブしてくれたマレー人男性が驚いて私を見る…。いつものことですが、私達のことをマレー人カップルと思っていたたのに、私がどうも違う言語を発しているので「あれ?マレーじゃないの?」って感じで笑。ハムザが気がつき、「彼女は日本人で私と結婚しています。私は日本に留学していたので日本語ができます~。」と説明してました。

 

自然いっぱいの中でいただくナシチャンプルはそれはそれは美味しく、そしてハムザと色々おしゃべりしながらの時間もとても楽しかったです。そうそう、途中で木の上にサルがやってきたりもしました。他のお客さんもほとんど来なくて…。とても美味しいし素敵なお店なので単に時間帯のせいだと思いますが。私達の滞在時間中は、他のお客さんの人数よりもサルのほうが多く来たんじゃないかな?ってくらいです笑。

 

スタッフさん達もとても感じが良く、のんびりとしたリゾートだから皆さんゆっくりモード。お客さんがいないとおしゃべりしてたりするし、私達にもとてもフレンドリーに接してくれて、とても素敵なランチタイムを過ごすことができました。

 

まだリゾート自体がオープンから日が浅く、これからお客さんを増やしていきたいという感じでしたが、自然いっぱいで長閑な、この雰囲気のままでいてほしいなぁと思ったり(勝手なものですが)。ランカウイに行ったらまた絶対に行きたいと思うレストランです。