ポートディクソンで辛くて美味しいマレー系料理を楽しむなら「ASAM PEDAS KASIH IBU」

皆様、こんにちは。

 

マレーシアは13州と3連邦から成り立つ国ですが、その中でも突出して辛い味付けを好むエリアとして挙げられるのが、Negeri Sembilan州(ヌグリ スンビラン州)とMelaka州(メラカ州)です。そう、ハムザの故郷であるマラッカ(メラカ)は辛いものが多いのです…。家で料理する時も辛い味付けが多いし、唐辛子消費率はかなり高いです。 

 

今回ご紹介するのは、堂々の辛いもの好きエリアNo.1であるヌグリ スンビラン州の料理、Masak Lemak Chilli Apiマサルマッ チリアピ)。

 

f:id:malaysia_cinta78:20201113132612j:plain

f:id:malaysia_cinta78:20201113132434j:plain

 

唐辛子の中でも最強に辛いであろう小さな生の青唐辛子をふんだんに使った辛~い料理ですが、この州のマレー系の人達は好んで食べています。お肉や魚をココナッツミルクで煮込んだマイルドなカレーのように見えるのですが、実は生の小さな青唐辛子を使っていて、ものすごく辛いのです…。その見た目に騙され豪快にひと口食べてしまってむせる、というパターンが多い危険な料理なのです。ちなみに、マサルマッ チリアピに使う小さな青唐辛子はこちら。

 

f:id:malaysia_cinta78:20201113132510j:plain

 

今回訪れたマレー系のお店「ASAM PEDAS KASIH IBU」は、ポートディクソンエリアにあるローカルビーチ、Telok Kemang(テロッ クマン)にあります。カレーやマサルマッなどのスープから野菜などの惣菜がカウンターに並べられていて、ご飯と共にいただくナシチャンプルスタイルのお店。さすがヌグリ スンビラン州だけあって、辛いけれどとても美味しいマサルマッ チリアピをいただくことができました!どうやら人気のお店だったようで、引っ切り無しに地元のお客さんが来ていました。

 

f:id:malaysia_cinta78:20201113135321j:plain

f:id:malaysia_cinta78:20201113132654j:plain

f:id:malaysia_cinta78:20201113132808j:plain

 

美味しいですけど…やはり本場だけあって、いやー辛い。私は辛いものはまあまあ食べられますが、この青唐辛子全開の辛さはひーひーなってしまう。美味しいからもっと食べたかったけど、さすがに控えめにいただきました。ただ、辛いことは確かなんですが、味が濃くてついつい進んでしまう美味しさ。このお店、美味しいなあとじわじわ感動しながらいただいていました。

 

f:id:malaysia_cinta78:20201113135351j:plain

 

マラッカに近いビーチエリアなので、マラッカ名物であるAsam Pedas(アッサム プダス)もありました。マラッカ人のハムザはもちろんチョイス。こちらも味が濃くて美味しかったです。

 

f:id:malaysia_cinta78:20201113132720j:plain

 

マサルマッがとても辛いので、たくさんの野菜(ウラム)も一緒にいただきました。こういう、マサルマッやカレーと共に野菜もあれこれチャンプルしていただくマレー料理は本当に美味しいのです。

 

ほとんどの日本人にとってのマレー料理のイメージはナシゴレンやサテー、カレーあたりなのかなと思うのですが、実はマレー人達が日常的に食べているこういうナシチャンプルが一番美味しいと常々思っています。KLだとなかなか美味しいナシチャンプルのお店は少ないのですが、少し地方に足をのばすとこういう美味しくてフレッシュな料理が並ぶ良いお店がたくさんあります。機会があればぜひ食べてみてください。