マレーシアで気軽に香りを楽しむ!イスラム教徒が愛用するアルコールフリー香油とは

皆様、こんにちは。

 

国や男女問わず愛用者が多い香水。ここマレーシアでもハイブランドからお手軽なものまで、たくさんの香水や香りのグッズが売られています。

 

今日は、その香りグッズの中でもイスラム圏であるマレーシアだからこそ楽しめる「香油」について詳しくご紹介します。

 

 

【アルコールフリー!イスラム教徒に愛用者の多い香油とは】

 

マレーシアで暮らすようになると、日本と比べて男女問わずいい香りを纏う人が多いことに気づく方も多いと思います。

 

日本でも愛用者が多いいわゆる「香水」を使用している人ももちろんいますが、ここマレーシアでは「香油」を愛用しているイスラムの方が多くいます。

 

香油とは、精油エッセンシャルオイル)など天然の香りエッセンスに動物性または植物性のオイルを混ぜたものです。そしてその最大の特徴は、アルコールが使用されていない、ということです。

 

 

この「MINYAK WANGI TANPA ALKOHOL」というマレー語の記載が、「アルコールなしの香油」という意味になります。

 

 

イスラムの訓えで禁忌とされているアルコールを含まず、イスラムの方でも安心して身体に使用することができることから彼らはこの香油を好んで使用しています。(もちろん、その使用や訓えの順守の基準は個々の判断によるため、これに拘らない方もいらっしゃいます。)

 

【マレーシアで手軽に買える香油】

 

ご存知の通り、イスラムが多く占めるマレーシアの人口構成。ここマレーシアではそのような事情からこの香油が多く売られており、非イスラム教徒の方も手軽に楽しむことができます。

 

イスラムであるマレー系マレーシア人が多く集まるエリアには、必ずこの香油を売るお店があります。

 

 

スーパーやショッピングモールの一角などにも、なかなかな存在感を放つ香油がずらりと並んだコーナーがあったり。

 

 

こんな感じでモールの空きスペースにワゴンでお店を出しているのもよく見かけます。

 

 

【香りがゆっくり持続するロールオンタイプの「香油」の魅力と使い方】

 

アルコールを使用しない香油。その最大の魅力は香りの持続時間が非常に長いことです。

 

 

日本を含めた非イスラム圏で一般的な香水のほとんどには、揮発性があるアルコールが含まれています。アルコールが飛ぶとその香りの効果はかなり薄くなるのが特徴。一方で、アルコールを使用していない香油は揮発性がないため、香りがゆっくりと続くのです。

 

香油の多くはこのようなロールオンタイプの容器となっており、先端の丸い部分を肌に直接転がして香油を塗ります。

 

 

それ以外にも、服の裏地部分に軽く付ける方もいます。ただし、あくまで「油」なので、服の表に塗ってしまうとうっすら跡がついてしまいますのでご注意を!(とは言え、お洗濯すると落ちますのでご安心を)

 

気になる香りの持続時間。あくまで私の場合ですが、たとえば午前中出かける時に肌に二か所ほどつけて出かけると…。夕方や日没くらいに帰宅するまでほんのりと香ってくれます。夕方頃でも一緒に過ごしている人から「何か香水つけてる?いい香りがする。」と尋ねられることもありますので、その香りの効果は間違いないようです。

 

【種類は無数!香油の選び方のコツ】

 

実際に使ってみたいけど、どうやって買うのか分からないという方も多いと思います。お店に行ってみると、並んでいる香油の種類の多さに圧倒されることも多いし、香油に限らず、多数の中から好みのものを見つけ出すお買い物はなかなか大変ですよね。

 

 

ピンキリではあるものの、中にはこんな感じで圧巻なほどの量の香油の大瓶が並ぶお店も。

 

 

こんなにたくさんあると、どこから手をつけていいのか、という感じにもなりますね。

 

もちろん、ご自身の勘で好きそうな香りにたどり着くのもありですが、だいたいのお店はテスターを設けていたり、大瓶から実際に香りを手などにテスト用で塗ってくれます。

 

その際にお店の方に香りの好みを伝えてみるとお買い物がだいぶスムーズになります。例えば「甘い感じの香りが好き」とか「柑橘系が好き」などでも大丈夫です。私の経験から言うと、お店の方はそんな伝え方でもわりとドンピシャに好みのものを出してきてくれます。

 

また上級レベルではありますが、好きな香りを自分でブレンドして購入することも出来ます。お店の方がブレンドを奨めてくれる場合もありますし、もし好みの香りにたどり着けなかったらブレンドをお願いしてみるのもいいかもしれません。

 

【お試しできるのが魅力!小さなボトルで購入がオススメ】

 

ロールオンタイプの香油、冒頭でも紹介したようなこの可愛らしいパッケージのものから小さな小瓶タイプのものまで、あちこちで売られています。

 

そして、手軽に色々試したい人にぜひオススメしたいのが量り売りでの購入です。

 

 

お店でお気に入りの香油が見つかったら、3つほどのそれぞれ大きさの違う小さなボトルから希望のサイズを選び、そのサイズ分だけ購入ができるというスタイルです。ちなみにこの小さなボトルも、先端部分は先に紹介したようなロールオンタイプとなっています。

 

このような、サイズ違いのボトルからどれがいいかと聞かれますので、希望の大きさを伝えればそのボトルに香油を移してくれます。

 

 

価格は原料が割高なものを含む場合もありますので多少変動しますが、だいたいは大瓶に価格が明記されていますし、もちろんお店の人に聞けば詳しく教えてくれます。

 

私がよく購入する一般的な価格帯はだいたいこれくらい。ただし、最近のマレーシアの物価変動はなかなか激しいのでご注意ください。

 

・3ml=RM10(約311円)

・6ml=RM15(約467円)

・12ml=RM25(約778円)

 

私はこの小さなボトルでの購入スタイルがとても気に入っています。香りは難しいところがあって、お店で肌に軽くつけて見た時は気に入っても時間が経つと身体のあれこれと反応してちょっと変化しますよね。長くつけてみないと分からないこともあるので、テスト的に購入できるのはとても良いです。

 

また絶えず変化を求める性格の方ですと、香りも頻度高く変えたい、という場合もあるかと思います。そんな方でもこの小さなボトルならあまり無駄になることもなく、そして安価ということもあって同時に数種類の香りを楽しむことも可能です。

 

ただし、お気に入りの香りをまた買いたいという時に見つけられないという事態を避けるためにも、購入の際は大瓶に貼られた香油の名称を写真に収めるとか、購入した小ボトルに名称のラベルを自作するなど記録に残すことを推奨します!

 

 

私は購入時、いつもこんな感じで撮影をさせてもらってからお店を後にしています。

 

イスラムと香油の関係性について】

 

イスラムの方にはあまり必要ない知識とは思いますが、せっかくですので香油とイスラムの関係性について少しだけ。

 

この香油、イスラムの人達は普段使いはもちろんのこと、それ以外にも特別な使い方をします。

 

それは礼拝の前に香油をつけること。自らいい香りを纏うことで気分がリフレッシュできて礼拝に集中できるとつける方が多いです。また、イスラムの礼拝は隣同士の人とかなり接近して行うのですが、その際に隣や周囲の人に良い香りがするようにという配慮もあるそうです。

 

 

もちろん全員が必ずそのようにしているわけではありませんが、イスラムの大事な礼拝となる金曜礼拝の前には、スンナ(イスラムの訓えでやったほうがいい推奨事項)としてシャワー後に香油をつけることが推奨されています。

 

これについて初めて聞いた時は、マレーシアで主に接していたマレー系(イスラム)の人の多くがとてもいい香りを放っていたことに妙に納得してしまったのでした。そういえばまだ友人関係だったハムザもいつもいい香りしてたなあ、と思い出したりしました(笑)。

 

【最後に】

 

マレーシアで購入できる香り「香油」についてご紹介しました。

 

最後に。イスラムに纏わるグッズの購入について必ず質問されることですが、この香油についても非イスラムの方が購入したり使用することは何ら問題ありません。

 

基本的にはイスラムの方がメインで訪れるお店が多いので少し入りずらい、という気持ちは大いに理解できますが、ぜひ臆せずお店をのぞいたり購入したりしていただきたいです!お店の方も喜んで対応してくれますので、ぜひ自分だけの素敵な香りを見つけてみてください。