マラッカ海峡を望む美しいフローティングモスク「Melaka Straits Mosque」

皆様、こんにちは。

 

マレーシアで有数の観光地、Melaka州(ムラカ州)の中心地マラッカ。2008年には中心地の町並みが世界遺産に登録され、国内外問わず観光客に人気のスポットです。

 

そしてほとんどの方には興味ない知識かと思いますが、実はマラッカは私の夫ハムザの実家がある故郷でもあります!笑

 

 

マラッカの魅力は色々あるのですが、やはり昔から旅人を魅了してやまないマラッカ海峡は不動の人気を誇っています。今回は、そのマラッカ海峡を一望できる最高のロケーションに建つ、美しいフローティングモスクをご紹介します。

 

マラッカ海峡と町をつなぐように建つフローティングモスク】

 

2006年に建てられたこちらのモスク、その名も「Melaka Straits Mosque(Masjid Selat Melaka)」。

 

f:id:malaysia_cinta78:20201210152357j:plain

 

日本語に直訳すると「マラッカ海峡モスク」となるわけですが、見て納得。海上にせり出すように建てられたモスクで、遠目から見るとマラッカ海峡に浮かんでいるようにも見え、マラッカ海峡とマラッカタウンをつなぐ役割も担っているように見えるフローティングモスクです。

 

f:id:malaysia_cinta78:20201210152534j:plain

 

マラッカの中心地からは車で10分ほど。10年以上前に再開発が頓挫した建設途中の埋め立て地に並ぶ、ゴーストタウンを通り抜けた海沿いにあります。

 

 

公共の交通機関はありませんのでGrabやタクシーで行くことをオススメします。たまに外国人旅行者が徒歩で行こうとしているのを目にしますが、先ほども書いたように全く人通りのない場所を約1時間歩くことになりますのでかなり危険です。絶対にやめてください。

 

ちなみに私が初めてこのモスクを訪れたのは2010年。出張で訪れた際に空き時間を利用して連れてきたもらったのですが、とても印象に残るモスクだったため、その翌年2011年に一人で旅した際に再訪をしました。その時の記事はこちらです。

 

malaysiacinta.net

 

【白い壁とカラフルなガラス窓に魅了される美しいモスク】

 

f:id:malaysia_cinta78:20201210152606j:plain

 

正面エントランスからモスクの建物に向かって進んでいくと、両サイドにガウンの貸し出しコーナーがあります。

 

男性は半袖はOKですが長ズボンを着用、女性は足首と手首辺りまでと髪を隠せる服装がドレスコードです。引っかかる方は、貸し出されるガウンを着用してから入場しましょう。特に女性の方、暑いという気持ちも分かりますがガウンのフードまできちんと被りましょう。

 

青空に映える白い壁が美しく、窓にはめ込まれたカラフルなガラスがとてもかわいらしいモスクです。

 

f:id:malaysia_cinta78:20201210152744j:plain

f:id:malaysia_cinta78:20201210152802j:plain

 

モスクの建物正面の入口からは男性が礼拝をするスペースが見渡せます。

 

f:id:malaysia_cinta78:20201210153046j:plain

 

中に足を踏み入れなければ、静かにその様子を眺めていても問題はありません。

 

f:id:malaysia_cinta78:20201210153020j:plain

 

そして、その向こうにはなんとマラッカ海峡が広がっているのが見えます。

 

f:id:malaysia_cinta78:20201210153001j:plain

 

モスクが開放されている時間はドアは常にオープンの状態で吹き抜けになっているため、とても気持ちの良い海風が流れる中で皆さん礼拝をしています。

 

この正面入口の両サイドには、海側に行ける通路があります。間違っても、礼拝スペースを突っ切って真っすぐ海側に進むことはしないようにしてください。通路に沿って進んでいくと、海に面したバルコニーのスペースに出ることができます!

 

マラッカ海峡を一望できる気持ちの良い空間】

 

こちらがそのバルコニー。

 

f:id:malaysia_cinta78:20201210153147j:plain

 

前に遮るものが一切ありませんのでマラッカ海峡を一望することができ、波の音も絶え間なく聴こえてくる、とても気持ちの良い空間です。

 

f:id:malaysia_cinta78:20201210153211j:plain

 

私が訪れた時は、マレーシア人のイスラムの女性達がマラッカ海峡を眺めながらおしゃべりをしていました。少しお話をしてみたら、家族でマラッカ観光の途中でこちらのモスクに見学と礼拝に立ち寄ったとのことでした。

 

f:id:malaysia_cinta78:20201210153242j:plain

 

日差しはあっても風が気持ち良いので、ついつい長居をしたくなるのも分かる空間でした。

 

【日暮れの礼拝時間(マグリブ)が最も人気の時間】

 

こちらのモスクに最も多くの観光客が訪れるのは、夕暮れ時から日が沈むまでの時間帯です。天気が良ければマラッカ海峡に沈んでいく美しい夕陽をバックにライトアップされた美しいモスクが眺められます。

 

f:id:malaysia_cinta78:20201210153407j:plain

 

そして日が沈んだ瞬間はイスラムのMaghrib(マグリブ)と呼ばれる礼拝時間となるため、モスクからは礼拝の時間を知らせるアザーンと呼ばれる歌のようにも聴こえる音色が流れてきます。

 

ライトアップされたモスクから流れてくるアザーンの音色、そして波音が相まって、とても幻想的な雰囲気に包まれます。

 

この時間帯は礼拝時間に当たるためモスク内への入場はできませんが、少し離れた外側からモスクを眺めるのが一番美しいのではないかと思います。礼拝に訪れた人々がモスクに吸い込まれるように入っていく様子を眺めるのも個人的にはオススメです。

 

【モスクの訪問時間と帰りの交通手段についての注意】

 

最後に。

 

このモスクは多くの観光客が訪れますが、同時にマラッカ市民達の礼拝の場でもあります。そのため礼拝時間と定められている時間、そして金曜日の午後は非イスラム教徒はモスク内への入場はできませんのでご注意ください。

 

事前に入場可能な詳細時間を調べることができず訪れる場合は、午前中に行くことをオススメします。(午前中は定められた礼拝時間がないため、よほどのことがない限り入場できます。)

 

また先ほど、「最も人気の時間は夕暮れから日没まで」と記載しましたが、その日没後は長居せず、早めに交通手段を確保してお帰りになることをオススメします。

 

帰りの車を確保している場合は問題ありませんが、日が沈んでから新たにこのモスク周辺でGrab等を確保しようと思っても流しの車はほとんどいません。礼拝に訪れていた人達も終了後は速やかに帰るため、あっという間に人も少なくなります。決して安全なロケーションとは言い難いですので、その点はどうぞご注意ください。