マレーシアの夜市が楽しい!ローカルフードを全力で楽しむならパサ マラに行こう

皆様、こんにちは。

 

マレーシアでは至るところに食べ物の屋台があり、様々なローカルフードを楽しむことができます。今日はその屋台ローカルフードをぎゅっと集めた、マレーシアの楽しい夜遊びスポットをご紹介します!

 

 

【マレーシアの夜はローカルフードが集結するパサ マラがオススメ!】

 

マレーシアを旅するようになり現地の友達ができると、夕方に「今夜はパサマラ行こうか!」とよく声をかけられるようになりました。パサマラ?それはなんぞ?と思い聞いてみたら、Pasar Malam(パサー マラム)のことでした!Pasarは市場、Malamは夜を意味します。つまり夜の市場、夜市のことです。マレーシア人達はこのパサー マラムのことを「パサ マラ」と略しています。

 

f:id:malaysia_cinta78:20210204170752j:plain

 

気候の良いマレーシアでは、年中オープンスタイルでお店を開くことが可能。パサ マラが開催される場所や曜日はその地域ごとに決まっていて、開催日になると夕方頃からぽつぽつとお店が開き始め、日が暮れる頃にはびっしりと屋台が並ぶストリートが完成します。

 

f:id:malaysia_cinta78:20210204170817j:plain

 

屋台では様々なものが売られていて、特にローカルフードが大充実。旅でも暮らしでも、パサ マラに行ったらだいたいひと通りその土地の人気メニューが揃うと思って良い、とてつもなく楽しい場所です。

 

私はこのパサ マラが本当に大好き。日本のお祭りの出店のように延々と続く食べ物の屋台を見るだけで心が躍るし、知らない食べ物を見つけた時の嬉しさもまた格別です。この歳になっても、そしてもう何十回と訪れていても、ハムザから「今夜はパサ マラ行こうか。」と誘われると、「きゃー!パサ マラ!!」とウキウキしてしまいます(笑)。

 

【パサマラで買える新鮮でお得な生鮮食品】

 

そのパサ マラ、どんなものが買えるの?と。ざっくり分けると、日用雑貨、生鮮食品、そして持ち帰りスタイルでのローカルフード、この三つとなりますが、今回は生鮮食品とローカルフードについてご紹介をします。

 

まずは生鮮食品。これはどのパサ マラにもあるというわけではありません。生鮮食品は朝市で買われることが多いため、どちらかというと夜は控えめ。とは言え、場所によってはかなり品揃えの充実したところもあります。

 

f:id:malaysia_cinta78:20210204170854j:plain

 

フルーツから野菜、色とりどりの生鮮食品が並びます!

 

f:id:malaysia_cinta78:20210204170913j:plain

f:id:malaysia_cinta78:20210204170931j:plain

 

イカン ビリスを量り売りする屋台も。ドリアンシーズンには美味しくて安いドリアンも並びます!

 

f:id:malaysia_cinta78:20210204171018j:plain

 

これらの生鮮食品は、だいたいの場合スーパーなどで購入するよりもかなり安く、鮮度も悪くありません。量もお店の人に交渉すれば好きな量で購入できることが多く、融通が利くのも魅力の一つです。

 

f:id:malaysia_cinta78:20210204171037j:plain

 

パサ マラで生鮮食品を購入する際の注意点としては、夕方早めの時間に訪れることです。パサ マラ全体のピークタイムは日が暮れてからなのですが、生鮮食品に関しては時間が経過することで鮮度が落ちていることが少なくありません。夕方お店が開店してすぐくらいの少し明るい時間に行くと、良い商品が揃っていることが多いです。

 

【買い過ぎ必須!ローカルフードストリートで大興奮!】

 

そして二つ目として挙げた、持ち帰りが主となるローカルフード。パサ マラの主役はまさにこのローカルフードと言っても過言ではありません。規模が大きなパサ マラですと、延々と続くローカルフードの屋台ストリートを練り歩き、あれもこれもと目移りすること必須です。

 

f:id:malaysia_cinta78:20210204171135j:plain

 

基本的には持ち帰りスタイルで、持ち帰り容器やビニール袋に入れてもらい自宅で楽しむことになりますが、中には共用のイートインスペースを設けているパサ マラもあります。

 

f:id:malaysia_cinta78:20210204172230j:plain

 

では、どんなローカルフードが並んでいるのか、ほんの一部ではありますがご紹介します。ひとつひとつ料理についてご説明したいところですが、せっかくですので写真でのローカルフードストリートを体感してもらえたらと思います!

 

f:id:malaysia_cinta78:20210204171213j:plain

f:id:malaysia_cinta78:20210204171632j:plain

f:id:malaysia_cinta78:20210204171231j:plain

f:id:malaysia_cinta78:20210204171257j:plain

f:id:malaysia_cinta78:20210204171310j:plain

f:id:malaysia_cinta78:20210204171328j:plain

f:id:malaysia_cinta78:20210204171409j:plain

f:id:malaysia_cinta78:20210204171423j:plain

f:id:malaysia_cinta78:20210204171441j:plain

f:id:malaysia_cinta78:20210204171500j:plain

f:id:malaysia_cinta78:20210204171524j:plain

f:id:malaysia_cinta78:20210204171546j:plain

f:id:malaysia_cinta78:20210204171559j:plain

 

デザートメニューも豊富です!

 

f:id:malaysia_cinta78:20210204171717j:plain

f:id:malaysia_cinta78:20210204171730j:plain

f:id:malaysia_cinta78:20210204171746j:plain

f:id:malaysia_cinta78:20210204171800j:plain

f:id:malaysia_cinta78:20210204171821j:plain

f:id:malaysia_cinta78:20210204171835j:plain

 

マレーシア国旗があしらわれた、こんな可愛いケーキも売っていました。

 

f:id:malaysia_cinta78:20210204171851j:plain


ここでの注意点としては二つ。目移りし過ぎて自分が何を食べたいのか決められなくなってしまうこと。そしてもう一つは、やはり目移りし過ぎて食べきれないほどの量を購入してしまうこと。どうぞその二点に、くれぐれもご注意ください。

 

【パサ マラの開催場所は?屋台の買い物は難しい?】

 

今回は、特にエリアや開催場所に限定せずにパサ マラ全体としてのご紹介となりましたが、一体どこでやってるのかな、どこに行けばいいのかな、と思われる方も多いと思います。

 

f:id:malaysia_cinta78:20210204172207j:plain

 

パサ マラを見つける方法としては、車で町を走ると、夕方頃からのテント設営で気が付くことも多いかと思います。また、地元で暮らしているマレーシア人の方に尋ねてみるのも一つの方法です。

 

尋ねる際の注意点としては、マレー系の方に尋ねるとマレー系が集まるパサ マラを、華系の方に尋ねると華系が集まるパサ マラを教えてもらう確率が高いです。どちらも屋台が軒を連ねるスタイルに変わりはありませんが、華系のパサ マラでは豚肉を使用したローカルフードも並んでいるため、マレー系やイスラムの人は買うことができない屋台も多い、という点が違いとなります。もちろん、信仰の縛りがなければどちらに行っても問題はありません。

 

初めて行くと購入の仕方などが分からず戸惑うこともあるかもしれませんが、屋台を切り盛りするお店の人達は皆さん人懐こくて優しい方が多く、色々と親切に声をかけてくれます。料理についても、分からなければあれこれ質問してみると笑顔でとても丁寧に教えてくれたりもします。

 

f:id:malaysia_cinta78:20210204172302j:plain

f:id:malaysia_cinta78:20210204172318j:plain

 

そんなマレーシア人達との交流が楽しいのもパサ マラの魅力の一つですので、ぜひ臆せず話しかけてみてください。きっと皆さん、素敵な笑顔を見せてくれると思います。

 

【最後に】

 

ローカルフードの宝庫と言えるパサ マラ。私はもう20年近くに渡ってあちこちのパサ マラに足を運んでいますが、訪れる場所によっても売られているメニューは様々で、毎回楽しい発見があります。

 

正直、きっとおばあちゃんになっても楽しい場所だなあと感じているので、まだ訪れたことがない方はきっとものすごく楽しめること必須です!ぜひぜひ、お腹を空かせてチャレンジしてみてください。