普段着から晴れの日まで!美しいマレーシアの民族衣装Baju Kurung(バジュ クルン)

皆様、こんにちは。

 

以前、マレーシアの民族衣装Baju Kurung(バジュ クルン)についてご紹介をしましたが、あれからまたコレクションも増えましたので少しご紹介をしたいと思います。

malaysiacinta.net

 

 

【旅でマレーシアを訪れたら、絶対に入るのはバジュ クルン店!】

 

マレーシアへの旅を始めて最初の頃は、旅先で必ずのぞくお店と言ったらスーパーマーケットでしたが、マレーシアで今、私が必ず訪れるお店と言えば、何と言ってもマレーシアの民族衣装バジュ クルンを売るお店です。

 

f:id:malaysia_cinta78:20210323152421j:plain

 

お店を見つけたら、その店頭に飾られた色とりどりのバジュ クルンを見るだけでも楽しいし、さらに店内に入ってあれこれ試着をするのも本当に楽しいのです。何時間でもいられるかも(笑)。

 

荷物や予算の関係で残念ながら好きなだけは買えないけれど、あちこちお店を見て歩き、素敵なバジュ クルンに出会えば滞在中悩みに悩んで、最後はやはり絶対に一着は買ってしまいます。

 

【小さな町で出会った素朴で素敵なピンクのバジュ クルン】

 

2015年の年末の旅で滞在したMelaka州(ムラカ州)の小さな町Masjid Tanah(マスジッド タナ)で、お散歩中に見つけたこのバジュ クルン。

 

 

スパンコールやラインストーンなどの飾りは一切ついていない生地のみのシンプルなものですが、とにかく綺麗なピンクカラーの色合いと花柄の配置が気に入ってしまいました。何度も試着して何度もお店の前まで行って、やっぱりこれは欲しいと思い、町を去る最後に購入しました。

 

 

最近はラインストーンがついたキラキラとしたタイプや、身体のラインに沿ったBaju Kurung Modern(バジュ クルン モダン)と呼ばれる形のものを買うことが増えていたので、いわゆる昔からあるトラディショナルタイプのバジュ クルンを久しぶりに買いました。

 

飾りがないとは言え、この大きな花柄と鮮やかな色合いは日本人からするとじゅうぶん派手な衣装に入るのかとは思いますが。でもこれが、ザ・マレーシア!という感じ。バジュ クルンの魅力のひとつだと思っています。

 

【お呼ばれにも着て行きたい!テンションが上がるバジュ クルン モダン】

 

そして、結婚式やパーティーなどのお呼ばれに着て行ったらきっと映えるであろう、エレガントで綺麗なシルエットのバジュ クルン モダン。この二着はイスラム教徒が多く暮らす東海岸Pahang州(パハン州)の町Kuantan(クアンタン)で購入しました。

 



 

やはり、ムスリマイスラムを信仰する女性)が多く暮らす地域は、バジュ クルンの種類も豊富で素敵なバジュが多いです。そして、こんな凝った素敵なデザインにも関わらず一着60RM程度と安いのも嬉しい!(※2016年時点の価格です。)

 

スパンコールとビーズがたくさん散りばめられたピンクのバジュ クルンは、試着したままでお店の人に値引き交渉をし始めたら、ちょうどお店でお買い物をしていた知らないマレー人のお母さんが通りかかり。バジュ クルンを着ている外国人である私を見て「あら!日本人が着てるわ。可愛いわね~。せっかく日本人が着てくれるんだから安くしてあげなさいよ。」って感じのノリで、一緒に交渉してくれたのでした。その甲斐あって、ずいぶんお安く買うことができました。お母さん、ありがとうございました!

 

【思い出が詰まった伝統スタイルのバジュ クルン】

 

そして、この二着は思い出が詰まったバジュ クルン。形は伝統的なトラディショナルスタイルでわりとどこでも売られていますが、特にJohor州(ジョホール州)やTerengganu州(トレンガヌ州)でよく見られる、ラインストーンをたくさん散りばめたバジュ クルン トラディショナルです。

 



 

この二着のバジュ クルンは、トレンガヌ州の町Kuala Terengganu(クアラ トレンガヌ)に滞在した時に、友達のお母さんがショッピングに連れて行ってくれて一緒に選んで買っていただきました。

 

お母さん、私に「これも」「あれも」と怒涛のように試着を薦めてきまして、暑い中頑張って全部着てみたのです。マレーシアのバジュ クルン店の試着室はたいてい暑いんですよね。クーラーは効いてないことがほとんどで、扇風機があれば自分でスイッチ入れますがなければ暑い中頑張って脱ぎ着をします(笑)。

 

普段自分ではあまり選ぶことのないカラーのバジュ クルンを「似合うわよ」と言ってくれてお母さんの奨めに従いました。一枚はグリーンベースという、自分では絶対チョイスしないカラーのバジュ クルンでしたが、花柄部分は白だったり、様々なカラーが散りばめられているから全く違和感なく着られています。

 

どちらもほどよい厚さの生地で着心地も良いし、本当に気に入っています。やはり幼い頃からずっとバジュ クルンを着ているマレー人のお母さんの意見は大事にすべきだな、とこの時思ったし、何よりこのバジュ クルンを身に纏うとこの時の楽しかった滞在を思い出すことができて、本当に良いお買い物をしたなと思っています。

 

 

ラインストーンがたくさん施されていて、陽の光に反射するとキラキラと光って本当にきれいです。

 

【最後に】

 

私はマレーシアを旅している時はもちろんのこと、東京でもバジュ クルンを普段着として着ることが多いです。私にとってバジュ クルンは、自分をあまり偽らずに表現できる衣装で、着ていると飾らず素のままの自分でいられることが多いのです。なぜかと聞かれても明確に答えられないのですが、最初は単にその美しさに惹かれて着始めた衣装でしたが、日に日に私の心の大部分を占める大事なものになっていることは分かっています。

 

というわけで、我が家のクローゼットはこのバジュ クルンがどんどん陣地を取りはじめ、全領土を占領する日はわりと近いのかもしれません。